プチプラコスメを探しにドラックストアへ

海外旅行へ行くと、毎回頭を悩ますのが同僚や友達への土産。スーツケースの中でかさばらず、軽いものがいいな、と思っても探すのに時間がかかって観光どころではなくなります。私はいつも、最終日に配り土産を探しに、チェーンのドラックストアへ駆け込みます。海外のドラックストアでも一般医薬品はもちろんですが、日常食料品や化粧品類も置いてあるのは日本と同じです。もちろん、ばらまき土産のためだけでなく、自分用の買い物も忘れません。

おしゃれな土産が見つかるかも?大好き、海外のドラックストア アジア編 おしゃれな土産が見つかるかも?大好き、海外のドラックストア アジア編

香港なら、ワトソンズでしょ!

北アジアを旅行すると見かける「ワトソンズ(Watsons)」。香港発のドラックストアで、最近は上海、台湾や韓国でも見かけるようになりました。最初は、体調が悪かった際に薬を買いに行ったのがきっかけでしたが、目を引いたのが棚に並ぶコスメ類でした。海外メーカーのものもありますが、せっかくなので土産には中国メーカーのものがいいかもしれません。医薬品も中国っぽいパッケージなので、面白い土産になりそうでした。有名な「タイガーバーム」も小さなサイズから売っていたので、土産用に何個も買ったのを覚えています。

踊らされてつい買いすぎてしまうプチプラコスメ

「安い!」と、価格に踊らされてつい買いすぎてしまうのが、プチプラコスメ類。免税店での買い物と違って、迷うこともない価格なので、すぐに買い物カゴが一杯になってしまいます。マニキュアやネイルケアのオイルやクリームの商品が充実していました。また、中国らしく漢方を使った化粧品類も多く、どんな効能があるのかと説明を読むのに必死になってしまうことも。シートパック、リップ類や美白クリームなど、ばらまき土産を探すなら、ワトソンズをのぞいてみて下さい。

台湾なら、コスメドでしょ!

台北の街にも、たくさんワトソンズの支店がありますが、「コスメド(Cosmed)」というドラックストアもおすすめです。こちらの方が日用品が多い気がします。土産になる菓子類や雑貨類もあるので、スーパーに行く必要もなくなりました。サプリメント類も種類が豊富ですが、個人使用のみの目的で日本への持込が許可されているのもあるので、注意しましょう。また、日本製品も置いてあり、旅行に持って行き忘れた日焼け止めなど探すときにも使えます。買い物先リストに、ドラックストアを加えてみてはいかがでしょう。