page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

このコンパクトさがかわいい? 香港ならではの安宿事情!


掲載日:2017/05/27 テーマ:安宿 行き先: 香港 / 香港

タグ: おもしろい ためになる 安宿 高い


ネイザンロード沿い、しかも窓付きの部屋デビュー!

2016年の11月、初めてネイザンロード沿いのツインに泊まりました! ネイザンロードは、香港の九龍側のメインストリートです。この通り上には、ペニンシュラなどの高級ホテルもあれば、重慶マンションのような雑居ビルに入っている安宿もあり、とにかくよりどりみどり。と言っても安宿となると、ネイザンロードから1、2本奥まった通りにあることが多く、ネイザンロードは、安宿派の私には縁遠いところでした。今回、初めてネイザンロードを見下ろせる窓があるツインに泊まると、ちょっとばかり出世した気分です。

香港でしか見られない!?珍しい大きさのベッドとは?

ベッドとベッドの間の狭さに注目! 写真には写ってはいませんが、壁にはテレビもあります ベッドとベッドの間の狭さに注目! 写真には写ってはいませんが、壁にはテレビもあります

私が泊まった安宿は、尖沙咀駅の真上といってもいい雑居ビルの中にあります。お部屋は、広さにして6〜8畳ぐらい? 清潔ですが、とにかく狭い! ここに香港以外では見たことないような幅が狭いシングルベッドがふたつ並んでいます。欧米人の男性や体格のいい日本人なら寝返りを打つと、落ちてしまうほどの狭さです。壁にぴったりくっつけたベッドの間に小さなテーブルがあるだけのシンプルな部屋です。こんなに狭い部屋なのに、ちゃんとトイレとシャワーもついています。香港の安宿を経験したことがある人なら、おなじみですが、これがけっこうすごいんですよ。

香港ならではのトイレとシャワーとは?

よくぞ、これほど狭いスペースにこれだけを詰め込んだものです よくぞ、これほど狭いスペースにこれだけを詰め込んだものです

スペースを節約するため、トイレの便器の真上といってもいい場所にシャワーがあるのが、香港の安宿の常識です。シャワーのお湯が便器にかかるというよりも直撃です。天井も高くないので圧迫感があり、身長が153センチの私でも狭く感じます。安宿でもツインとなると、独立したシャワーとトイレが必要なのか、とにかく無理矢理詰め込んだ感じです。私が泊まった部屋は、キャンペーン価格で1泊4200円。ネイザンロード沿いで、しかも窓付きとなると、相当安いです。東京の半分の面積に約729万人が生活している香港では、一生を家族同居で過ごす人も少なくありません。そう思えば、不動産は、もちろんホテル代が高いのも納得です。

香港でしか体験できない狭さを楽しもう!

香港の安宿のツインでは、幅の狭いベッドの下が、バックパックやスーツケース置き場になっています。そこに荷物を入れないと足の踏み場もなくなってしまいます。そうすれば、とりあえず部屋はすっきり、うまく使えます。狭いだけあって、化粧品やパソコンなどをどこに置いても、手を伸ばせば届くので、慣れるとけっこう便利になってきますよ。香港の安宿って、コンパクトにまとまっているのでコクピットみたいです。ツインがここまでコンパクトになると、なんだかかわいい部屋に思えてきました。香港の安宿は、他の国では体験できないような狭さを楽しむのが正解です!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/05/27)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索