朝食で“キャラダイ”を狙うもよし、穴場へ行くもよし!

「香港『ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ』はマニアじゃなくても虜になるホテルです」その2からの続きです。レストランは3軒あり、朝食時にキャラクターと写真が撮れるサービス(キャラクターダイニング)のあるレストランは大混雑します。私は“キャラダイ”よりも早く食べられる方がよかったので、「チャートルーム・カフェ」というカジュアルダイニングで朝食にしました。空いていて落ち着けましたよ。しかも味も分量もなかなかのものなんです。レストランの写真付きメニューって、実物とかけ離れていたりしますよね。けれどもここは、実物の方が写真より大きくておいしそうなんです。さすが食の都・香港ですね。他のレストランも、写真で見るだけでもいかにもおいしそうです!

中華風の朝食セット、99香港ドル(約1400円) 中華風の朝食セット、99香港ドル(約1400円)

ホテル内の散歩にも、たっぷり時間をとりたい!

ホテル内でのアクティビティーも用意されています。プールサイドでダンス、キッズ向けのクラフト体験、隠れミッキー探しツアーなどなど。私は一泊しかしなかったのでこれらには参加せず、せめて自力で隠れミッキーを探そうと目を皿にして散歩していましたが、やっとひとつしか見つけられませんでした……。けれども、庭園の散策自体が素敵なんです。なにしろ客室棟の4つのテーマ「アジア」「オセアニア」「アフリカ」「南米」と同じく、庭園も4つのテーマに分かれているのです。楽しくないわけがありません。一周すると、まるで長い旅を終えたような充実感が! 植栽の手入れはもちろん完璧。どこも甲乙つけがたく美しいお庭です。

片っ端から食べてみたい、おいしそうで美しいケーキ 片っ端から食べてみたい、おいしそうで美しいケーキ

空港からはタクシーがおすすめ(すごいスピードですが)

さて、空港からホテルへのアクセスは、公共交通機関を試してみました。空港からS1番のバスでMTR東涌(トンチョン)駅へ。東涌駅から欣澳(サニーベイ)駅で下車、迪士尼(ディズニー)線に乗り換えて迪士尼駅下車、ここからホテルのバス(ほぼ15分間隔で出発)でホテルまで、という道のりです。これは安上がりですが、空港から1時間以上かかり、「オクトパス(プリペイドの交通カード)」を持っていない人にはおすすめしません。タクシーに乗るのが最も手軽でおすすめです。猛スピードで飛ばすので、20分ほどで到着しますよ。

「迪士尼駅」も夢のあるステキなつくりの駅ですが…… 「迪士尼駅」も夢のあるステキなつくりの駅ですが……

ディズニー好きはもちろん、興味のなかった人も満足するホテル

実は、ディズニー直営ホテルに泊まるのは今回が初めてでした。そのため、なんとなく子供っぽいものを想像していたのですが、私の大間違いでした。ディズニーファンの皆さんすみません! 細部まで手抜きなしで作り込まれた、ディズニーの世界観の体現。職人魂というか、プロ意識の高さを見ました。連泊して、1日はディズニーランドへ行かず、このホテルでゆっくり過ごしてみたいと思わせる、美しい空間です。オリジナルの「探検家ミッキー」グッズが買えるのも、ここだけですよ!

ちょうどハロウィンのシーズンで、お部屋のタオルアートもお茶目に ちょうどハロウィンのシーズンで、お部屋のタオルアートもお茶目に