page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

香港、都心から離れたのんびりムードのホテル「翠雅山房 HERITAGE LODGE(ヘリテージロッジ)」(後編)


掲載日:2018/08/08 テーマ:憧れホテル 行き先: 香港 / 香港

タグ: たのしい レストラン 安い 一度は行きたい 穴場


自分の家のようにくつろげる室内

スイートルームのコンパクトなリビング スイートルームのコンパクトなリビング

「香港、都心から離れたのんびりムードのホテル『翠雅山房 HERITAGE LODGE(ヘリテージロッジ)』」前編からの続きです。客室には華美さはいっさいなく、さっぱりとしています。調度品はシンプルなチャイナテイスト。ホテルの説明書には日本語で書かれたページもありました。外国でよく見かけるような、少し変な日本語ではなく、感心するほど丁寧できちんとした日本語でした。また、室内の改築も、もとの建築の面影を残しながらも快適な空間に仕上げていて、これも好感を持ちました。ただ、屋根は屋根裏のないトタン屋根なので、雨が強く降ると雨音が響いて少しうるさいかも。私も滞在中にザッと降ったので、大きな音に驚きましたよ。

再雇用のベテランさんが生き生きと働くレストラン!

豚足のグリルは、皮がパリパリ 豚足のグリルは、皮がパリパリ

敷地内にある「頤膳房(Yi's Kitchen)」は、中華と西洋料理のレストランです。ここもまたなかなかユニークなレストランで、スタッフたちは香港各地のホテルなどのレストランで働き、定年退職した人たちが中心。シニアなので若者のようにテキパキとはいきませんが、皆さんいい笑顔で働いています。私のテーブルに来たスタッフも、知っている日本語を交えて、看板メニューの豚足のグリルを「これはおいしいですよ!」と勧めてくれました。

ローカルさがたまらなく愛おしいディナータイム

味は普通ですが、楽しい雰囲気がすてきなレストラン 味は普通ですが、楽しい雰囲気がすてきなレストラン

料理のお味はごく一般的なレベルで、正直に言って特筆すべきものでもありません。ここの良さは、洗練された中心部のレストランにはない、素朴でひなびたムードでしょう。毎晩7時になるとライブパフォーマンスも始まります。ウクレレを弾きながら延々と熱唱するおじさんパフォーマー。しゃれたインテリアの中、家族や友人同士のちょっとした会食を楽しむ、地元の集まり。のんびりしたお給仕、のんびりした時間。ファミレスのようなお料理をつつきながら、なんともいえない楽しさがこみ上げてくる、都会にはないディナータイムです。ちなみにアフタヌーンティーもありますが、メニューは油ぎっちりの香港式フレンチトーストやジャンボホットドッグ、鳥手羽先など、気取ったティータイムとは程遠くて、それも愉快なのです。

他では味わえない、思い出深いステイになるでしょう!

夜景。意外なほど人工物に取り囲まれた、エアポケットのようなホテルなのです 夜景。意外なほど人工物に取り囲まれた、エアポケットのようなホテルなのです

ホテルのある「饒宗頤(じょうそうい)文化館」は、丘の斜面を利用して作られているので、敷地内は緑がいっぱいです。朝早くから鳥の声が響き渡っています。しかし、そこは狭い香港のこと、都会から切り離された山深い田舎のホテルをイメージすると、まったく違うのです。敷地のすぐそばまで高層ビル群が迫っており、自動車道に囲まれているため朝から晩まで車の音が聞こえています。この独特の立地、独特の景観が実に香港らしく、香港が好きな人にとっては楽しいステイになることは間違いありません。文化館でのさまざまなイベントや展覧会も併せて、せわしない中心部の観光とはちがった時間の流れをお楽しみください。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/08/08)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索