page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インド・ブッダガヤ・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

仏教最大級の聖地、ブッダガヤのマハーボディ寺を訪れよう


掲載日:2008/10/27 テーマ:世界遺産 行き先: インド / ブッダガヤ

タグ: すごい! 寺院 世界遺産


仏教が生まれた地、ブッダガヤ

ブッダガヤの中心にあるマハーボディ寺。仏教徒にとって最高の聖地です ブッダガヤの中心にあるマハーボディ寺。仏教徒にとって最高の聖地です

仏教発祥の地インドには、仏教の聖地がいくつもあります。四大聖地と言われるブッダガヤ・クシナガヤ・サールナート・ルンビニなどが有名ですが、その中でも特に重要なのがブッダガヤです。ここはおよそ2500年前に、シャーキャ族の王子であったシッダールタが世の有り様に疑問を持ち、厳しい修行の末に悟りを開いたところ。悟りに到達した彼は、目覚めた人という意味である「ブッダ」と呼ばれるようになり、ブッダの教えは仏教として世に知られるようになりました。仏教は、インドのここブッダガヤから生まれ、日本を含む世界に広がっていったのです。

広々とした境内を持つマハーボディ寺

寺院内に祀られている仏像。内部には静かに各国の僧侶や仏教徒が祈りを捧げています 寺院内に祀られている仏像。内部には静かに各国の僧侶や仏教徒が祈りを捧げています

ブッダガヤの中心にあるマハーボディ寺は、ブッダが悟りを開いたまさにその場所に建てられた寺。紀元前3世紀にアショーカ王が建てた寺院が基となっており、その後幾度もの改修を経て現在の形になりました。広々とした境内には本殿の他にも、ブッダが沐浴したという蓮池や、奉納されたストゥーパ(塔)などがあり、タイやスリランカ、チベットなどから来た僧侶がそこここで思い思いに祈りを捧げています。世界中からたくさんの仏教徒が参拝にやってくるマハーボディ寺は、世界遺産にも登録されました。

悟りを開いた菩提樹の下に座ってみて

この菩提樹の木は、当時立っていた木の末裔だと言われています この菩提樹の木は、当時立っていた木の末裔だと言われています

そしてマハーボディ寺で一番重要なのは、寺院のすぐ裏側にある菩提樹とその下に置かれた金剛座。この菩提樹の下でブッダが瞑想に入り、最終的に大いなる悟りを得たとされています。金剛座が祀られているところはブッダが座していたとされる場所。その周りは柵で囲まれていますが、たくさんの仏教徒が静かに祈りを捧げていたり、瞑想したりしています。ここでは、みなさんもぜひ静かに座って思いを馳せてみてください。普段決して宗教的ではない私でも、この菩提樹に向き合うと、静かな感謝と尊敬の意がわきあがってくるのを感じます。

朝から夜まで静かでピースフルなマハーボディ寺

美しくライトアップされたマハーボディ寺。夜でも参拝者がひっきりなしに訪れています 美しくライトアップされたマハーボディ寺。夜でも参拝者がひっきりなしに訪れています

マハーボディ寺は朝は5時から、そして夜は9時まで開いています。夜明けの涼しい空気の中、お寺にお参りしてみてください。とっても気持が良いのでお勧めです。夜は夜で境内が美しくライトアップされるので、こちらもお見逃しないよう。仏教徒にとって最高の聖地であるブッダガヤは、インドの他の街とは一味違う雰囲気が漂っています。そのブッダガヤにある平和の象徴とも言えるマハーボディ寺。ぜひ訪れてその雰囲気を感じてください。

【関連情報】

マホーボディ寺の入り口。入り口を入ると靴を預ける所があるので、預けて境内に入ってくださいね マホーボディ寺の入り口。入り口を入ると靴を預ける所があるので、預けて境内に入ってくださいね

■マハーボディ寺(Mahabodhi Mahavihara)
住所:P.O.Box-2, Bodhgaya, 824231, Gaya, Bihar
電話:+91-631-2200735
時間:5:00〜21:00 休み:無休
料金:入場無料、カメラ持ち込み料:20ルピー(約45円)
E-Mail:mahabodhi@hotmail.com
HP:www.mahabodhi.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索