page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

インドの世界遺産(2019最新事情)/2016年に世界遺産登録された仏教大学の遺跡ナーランダを訪れる


掲載日:2019/05/30 テーマ:観光地・名所 行き先: インド / ラジギール

タグ: おもしろい 遺跡 一度は行きたい 寺院 世界遺産 歴史


世界最古の大学と言われるナーランダ仏教大学

緑の芝生が植えられて公園のように整備されたのは世界遺産効果? 緑の芝生が植えられて公園のように整備されたのは世界遺産効果?

北インド東部、ガンジス川流域にあるビハール州には多くの仏教遺跡があります。今回紹介するのはブッダとは直接関係ありませんが、仏跡としては有名なナーランダです。ここは5世紀創建という世界最古の仏教大学があった場所。「たびナレ」ではすでにガイド記事がありますが、その後、世界遺産になって整備が進み、入場料も上がったので、「2019年版」として改めて紹介することにしました。

仏教の繁栄と共に栄えた大学だが‥

ナーランダはブッダガヤの北東約85km、ビハールの州都パトナーからは南東約90kmの場所にあります。車ならそれぞれから2時間半から3時間ほどの距離。ほぼ中間なので、仏跡ツアーでは途中で寄ることも多いですね。ナーランダの15kmほど南には、かつてマガダ国の都として栄えたラージャグリハ(王舎城)がありました。今ではインドでも貧しい州と言われているビハール州ですが、当時はパータリプトラ(現在のパトナー)を都として北インドを統一したグプタ朝の全盛期。このエリアはインドでも栄えていた地方でした。ナーランダの仏教大学では最盛期には1万人を超える学生が学んでいたと言われ、7世紀には唐の僧・玄奘(三蔵法師)もここを訪れています。多くの僧院や寺院が建てられましたが、インドにおける仏教の衰退と共にこの大学も縮小していったようです。最終的には12世紀末に、イスラーム教の侵入と共にこの大学は破壊されてしまいました。

世界遺産になってから行ってみると

2016年にこのナーランダ仏教大学の遺跡は、ユネスコの世界遺産に登録されました。前回、私が訪れたのは2009年なので登録以前です。当時はバスが通る街道からナーランダ遺跡までの2kmほどは、「ターンガー」と呼ばれる馬車に乗って行くしかありませんでした。しかし今回2019年2月の訪問時には道はきれいに舗装されており、オートリクシャーや電動カートが途中を走ってました。遺跡入り口には土産物屋街もできており、世界遺産人気の高さを実感しました。ただし世界遺産になる前は200ルピー(約300円)だった外国人入場料が、600ルピー(約900円)と3倍に。その値上げにも世界遺産になったことを実感しました(笑)。

驚くほど整備されたのは世界遺産効果?

遺跡公園の中に入ります。以前来た時に比べ敷地内に芝生や緑が増え、かなり整備されていて驚きました。観光客がくつろげるように造園したのでしょう。公開されている僧院や寺院跡の数も増えたような気がします。順路も舗装され、柵が作られて立ち入り禁止エリアができたのも世界遺産になったからなのかと思います。観光客の数は倍増どころか数倍になり、また遺跡内で働く警備員や掃除の人も数倍に増えていました。警備員が増えたこともあり、遺跡に登ってセルフィーを撮ろうとする観光客に吹く警笛がしょっちゅう聞こえます。これはいいのですが、勝手に解説してガイド料を取ろうという警備員もいるので、要注意ですね。

博物館と遺跡見学の注意

遺跡からの出土品は、遺跡入り口付近にある博物館に展示されています。こちらの入館料は据え置きの5ルピーでした(約8円)。遺跡は日を遮るものがないので、日中はかなり暑くなります。なので帽子やサングラス、水分補給の飲み物は必携です。それでは楽しんできてください。
●ナーランダ仏教大学跡 [開]9:00〜17:30 [休]無休 [料金]600ルピー(外国人料金)
博物館 [開]9:00〜17:00 [休]金曜 [料金]5ルピー
※この情報は2019年4月時点のものです
※1ルピー=約1.6円。2019年4月時点

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/05/30)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索