アーグラと神秘的なタージ・マハルを訪れる

インド・アグラ・世界遺産の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

アーグラと神秘的なタージ・マハルを訪れる

掲載日:2015/09/29 テーマ:世界遺産 行き先: インド / アグラ ライター:りんみゆき

タグ: ロマン 一度は見たい 一度は行きたい 建築 世界遺産 素晴らしい 歴史



ABガイド:りんみゆき

【家族で海外旅行のABガイド】 りんみゆき
全ガイドを見る
香港在住22年。元外資系航空会社のCA、現在はライターや通訳。CA時代から旅行が大好きで、子どもができても世界のあちらこちらに出没しています。リゾートやハイキングなど子連れ旅行のおすすめ情報を発信中。

ラクダの他に電動カートもあり ラクダの他に電動カートもあり

タージ・マハルへはラクダに乗って

インドといえば真っ先に思い浮かべるのはタージ・マハールではないでしょうか。世界遺産にもなっているタージ・マハールはアーグラという街にありますが、多くの観光客はニュー・デリーから日帰りで訪問。タージ・マハールへの入り口までは車を降りてから約10分ほど歩きますが、なんとラクダに乗って切符売り場へ横づけも可能!まさかのサプライズにキッズは大喜び、気分も盛り上がります。入場券を買うと、靴袋を渡され、男女分かれてX線を通りボディーチェック。食べ物は持ち込み禁止、子ども用のキャンディーも取り上げられてしまうので要注意。

 

飛ぶのは禁止なので、飛んでる写真はみつかったらガードマンに笛で注意される 飛ぶのは禁止なので、飛んでる写真はみつかったらガードマンに笛で注意される

愛の形はタージ・マハル

世界中からの観光客を惹きつける白い大理石のこの建築物は、ムガル帝国のシャー・ジャハーンが亡くなった愛妻のために建てた巨大なお墓。年間400万人の観光客が集まる世界遺産は、完成するまでに22年の歳月と2万人の労働者が関わったという説があります。大楼門をくぐりぬけると庭園があり、絶好の記念撮影スポット。タージ・マハルの先っぽをつまんでいるように撮るのが人気ポーズ。墓廟エリアに入る時は切符売り場でもらったビニール袋を靴にかけます。シャー・ジャハーンとお妃のムムターズ・マハールのお墓は隣合わせ。

 

赤砂岩で築かれた城壁の色から「赤い城」とよばれることもある 赤砂岩で築かれた城壁の色から「赤い城」とよばれることもある

対岸のアーグラ・フォートからみつめる

シャー・ジャハーンはタージ・マハールの対岸に黒い大理石の自分のお墓も建てる計画があったという説もありましたが、実現しませんでした。息子のアウランクセーブ皇子が反乱を起こし、シャー・ジャハーンは亡くなるまでアーグラ・フォートの対岸にあるタージ・マハールがよく見える白大理石の「囚われの塔」で幽閉されていました。ガイドブックを読みながらまわるのもいいですが、ガイドさんにいろいろと説明してもらうと歴史だけでなく、今のインドについてなども教えてもらえるのでおすすめ。相場は3〜4時間で1000〜1500ルピーだそうです。

 

申込みはwww.letsgoindiatours.com 申込みはwww.letsgoindiatours.com

運転手つきのレンタカーで移動らくちん

デリーからアーグラまでは約200キロの距離。電車でも行けますが、子連れの場合、運転手つきのハイヤーカーが便利。ホテルでお迎え、車で5時間くらいでアーグラ到着。アーグラの観光スポットやランチのレストランも全てまわってくれるので、何度も値段交渉の手間も省け、ドア・ツー・ドアのサービスはラク。事前にウェブサイトで予約可能。1日12時間、6人乗りのヴァンで9,900ルピー。高速道路で象がのっそのっそ歩いていたり、街中の交通渋滞があまりにも無秩序で驚いたり。牛が道路をゆっくり横切っていたりと車の中から見るインドの世界は楽しい!

 

いくつかのお料理をシェアするのがおすすめ いくつかのお料理をシェアするのがおすすめ

子どもも大好きタンドリーチキン

子連れでインドを旅行するにあたって、一番気になるのは食事。衛生面やスパイスの問題もありますが、飲み物は全部氷なし、ペットボトルを開ける時は蓋がきちんとしまっていたかを確認することで、かなりお腹を壊すリスクが減ります。食べ物もスパイスが入っていないナンなどは子どもも食べられますが、おいしい!と言って食べるのはインド料理の定番であるタンドリーチキン。タンドゥールという壺窯で焼くこの鶏肉のお料理はヨーグルトで味付けをしているので、子どもにも食べやすいお味。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/09/29)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値アグラツアー


最安料金万円

合算 4.31万円
旅行代金: 4.31万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

アグラ ツアー

【羽田発着】こんなに安くてインドすか?超格安航空券でインドへGO! 北インド人気都市デリー・アグラ・ジャイプール自由に周遊3泊5日間

ホテル:ホテル サイアム インタナショナルまたは…
航空会社:中国国際航空 指定

日程表を見る

★とにかく安くインドへ行きたいけど1都市だけじゃつまらないっ!という方にお勧めのツアー◆都市間の移動は送迎がついているので安心◆ゴールデントライアングルと呼ばれる人気3都市にご案内

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 4.41万円
旅行代金: 4.41万円
燃油:旅行代金に含まれています
4日間
羽田発

アグラ ツアー

【羽田発着】こんなに安くてインドすか?超格安航空券でインドへGO! デリー&タージマハルの街アグラ2都市 滞在フリー4日間

ホテル:ホテル サイアム インタナショナルまたは…
航空会社:中国国際航空 指定

日程表を見る

★とにかく安くインドへ行きたいけど1都市だけじゃつまらないっ!という方にお勧めのツアー◆都市間の移動は送迎がついているので安心◆人気のデリー・アグラ2都市へご案内デリー・・・インドへの入口で大都市…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 4.91万円
旅行代金: 4.91万円
燃油:旅行代金に含まれています
4日間
羽田発

アグラ ツアー

【羽田発着】こんなに安くてインドすか?超格安航空券でインドへGO! タージマハルは見逃さない!!4箇所の世界遺産を巡る4日間

ホテル:ホテル サイアム インタナショナルまたは…
航空会社:中国国際航空 指定

日程表を見る

★ちょっと時間が出来たらお声がけ下さい。★観光のポイント◆4日間でも見所いっぱいの古都デリーとタージマハルをしっかり観光。◆現地日本語係員(エスコート)が全ての工程に同行します。*現地係員は観光ガ…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 目安 5.50万円
旅行代金: 4.70万円
燃油目安: 0.80万円
5日間
羽田発

アグラ ツアー

便利な羽田発着!タージマハールと8大世界遺産☆見どころいっぱい・インド周遊の旅☆日本語スルーガイド・全入場料込み

ホテル:ブルーベリー(デリー)、レッド・フォック…
航空会社:中国国際航空 指定

日程表を見る

●タージマハールなど8大世界遺産を訪問●ジャイプール、アグラ、デリーの3都市を周遊●日本語スルーガイド同行、全入場料込み●初めてインドに行く方にオススメ!基本のインド5日間●1名様よりツアー催行を…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 5.70万円
旅行代金: 5.70万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

アグラ ツアー

【羽田発着】こんなに安くてインドすか?超格安航空券でインドへGO! タージマハルを始め6箇所の世界遺産がぎっしり!北インド周遊5日間

ホテル:ホテル サイアム インタナショナルまたは…
航空会社:中国国際航空 指定

日程表を見る

★観光のポイント◆5日間で見所いっぱいの古都デリー、宮殿の町ジャイプールとタージマハルの入口アグラのゴールデントライアングルと呼ばれる3都市へご案内します。◆現地日本語係員(エスコート)が全ての工…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 5.92万円
旅行代金: 5.92万円
燃油:旅行代金に含まれています
4日間
羽田発

アグラ ツアー

★一人旅★【羽田発着】こんなに安くてインドすか?超格安航空券でインドへGO! デリー&タージマハルの街アグラ2都市 滞在フリー4日間

ホテル:ホテル サイアム インタナショナルまたは…
航空会社:中国国際航空 指定

日程表を見る

★とにかく安くインドへ行きたいけど1都市だけじゃつまらないっ!という方にお勧めのツアー◆都市間の移動は送迎がついているので安心◆人気のデリー・アグラ2都市へご案内デリー・・・インドへの入口で大都市…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事