タージマハルはどこにある?

インド観光のハイライトで、あまりにも有名なタージマハル。今回はそのタージマハルを観光するポイントを、詳しくお教えしましょう。いろいろ前知識があると、観光の際に感慨が増すと思いますよ。タージマハルがあるのは、ムガル帝国の古都アグラです。首都デリーからは車やバスで5時間ですが、個人旅行者におすすめなのは列車です。とくにニューデリー駅朝6:15発の特急シャタブディー・エクスプレスが早く、遅れなければ8:12にはアグラに着きます。

世界遺産のタージマハルはどうやって観光する? 私が徹底ガイド致しましょう! その1 世界遺産のタージマハルはどうやって観光する? 私が徹底ガイド致しましょう! その1

デリーから日帰りで行くのなら

駅を出ると、大勢のオートリクシャー(三輪タクシー)のドライバーたちが寄ってくるでしょう。駅からタージマハルまでは5kmほどの道のりです。デリーから日帰りで来る場合は、帰りは20:30アグラ発の同列車に乗ればいいでしょう。もっと早く帰りたいなら、19時ごろ発のタージ・エクスプレスがあります。ただしこの列車はデリー南部のハザラト・ニザームッディーン駅着になるので注意を。ホテルによっては、こちらの駅のほうが近いかもしれません。

何時ごろ入場するのが一番いい?

最初に書いておきますが、タージマハルは金曜日は休みです。これは絶対にお忘れなく! とくに日帰りでデリーから来る人は。さて、「タージマハルを見るのに一番いい時間は?」と聞かれると、私はまだ空気が清々しい早朝をおすすめしています。とくに暑い時期は、日向を歩くだけでも疲れてしまうので、朝9時ぐらいまでがおすすめです。夕方もいいのですが、タージマハルの開場時間は日の出から日没なので、あまり日が傾いてから中に入ると、見学時間がなくなってしまうのです。チケット売り場の窓口には翌日の開門時間が掲示されているので、朝いちで行くなら、前日に時間を確認しておくといいでしょうね。それに開門してから1時間もすると、人でいっぱいになってしまうので、人があまり映り込まない写真を撮るなら、やはり朝いちです。ただし12〜2月の朝は、しばしば霧が発生して何も見えなくなってしまうことがあるので、その時は9時過ぎないと晴れてきません。(その2へ続く)