page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

アウランガバード旅行・アウランガバード観光徹底ガイド

アウランガバード旅行・観光の見どころ・観光情報

アウランガバードは、ムンバイの東約350kmのデカン高原にある都市。町の名は、ムガル帝国最盛期の皇帝アウラングゼーブにちなんだもの。市内にはその妃の墓のビビ・カ・マクバラー廟、イスラムの導師の廟があるパーンチャッキーなどの観光名所がある。しかしなんといってもこの町は、人気の世界遺産であるエローラ、アジャンタという二大石窟寺院への観光の基点となる場所だ。2つともアウランガバードから日帰り旅行ができる。せっかくなので、ガイドの説明が聞けるツアーがおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

アウランガバードへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/12現在) フライト時間 現地との時差
ヒンディー語、英語、他 INR 1 INR = 1.43907 約10.5時間 約-3.5時間

アウランガバードの人気問合せ情報

アウランガバードの最安値カレンダー

アウランガバード旅行・観光の選び方

西インドの人気観光地で世界遺産のエローラとアジャンタへの基点となる都市。周遊型のツアーで

アウランガバードは、インドを訪れる観光客に人気が高い世界遺産のエローラとアジャンタという二大石窟寺院へのゲートウェイ都市。この2か所を訪れるツアーに必ず含まれるが、逆に市内観光は含まれないものもある。ツアー期間が10日ほどのデリーやアグラなどと回るインド周遊型のツアーか、ムンバイから入りこの2か所だけ観光する5日間からのツアーが一般的。ツアー日程により、アウランガバード市内観光は含まれないものもある。アウランガバードは、金糸や絹糸を織り込んだヒムローという織物が特産。お土産にも人気だ。(2016年9月編集部調べ)


アウランガバードのグルメ・伝統料理

デカン高原に位置するアウランガバードは、南インドと北インドの境目に近く、南北の料理が共存している。庶民的な定食も、北インドのターリーと、バナナの葉の皿で食べる南インドのミールスの両方がある。カレーの味付けにも、ケララ州やタミルナドゥ州ほどココナツミルクを多用しない。食事のバラエティを楽しみたいグルメにとってはうれしい場所だ。南インド独特のクレープ状のスナックのドーサ」、米粉の蒸しパンのイドリーも朝食やおやつとしておすすめしたい。(2015年編集部調べ)

アウランガバードのショッピング情報

アウランガバードはエローラ・アジャンタ遺跡の観光の起点だが、町自体はさほど観光化されていない。アウランガバード周辺の名産として知られているのはヒムロー、パイタニと呼ばれる伝統的な織物だ。コットンとシルクに金糸を用い、モチーフはアジャンタの石窟寺院の壁画からとった花や鳥などが多い。実際に織っている工房を訪ね、その場で購入することができる。ヒムローはショールに、パイタニはサリーに使われることが多い。(2015年編集部調べ)

アウランガバードの気温・降水量ベストシーズン情報

年間を通じて降水量は少なく、雨の心配はあまりない天気。ただし平均最高気温は30度を超え、特に3月末〜5月末までは暑すぎて観光に不向き。ベストシーズンは11〜2月。服装は、遺跡観光では帽子や日焼け止めが必携。(2015年編集部調べ)

アウランガバードのオススメツアー

アウランガバード旅行・アウランガバード観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook