page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

北インドの4大聖地、標高3千メートルを越えるチャールダム巡礼の旅への便利な行き方(その3)


掲載日:2018/09/16 テーマ:秘境 行き先: インド / バドリナート

タグ: すごい! スピリチュアル パワースポット 一度は見たい 素晴らしい 秘境


チャールダムを訪れる正規の順番

ケダルナート寺院正面 ケダルナート寺院正面

「北インドの4大聖地、標高3千メートルを越えるチャールダム巡礼の旅への便利な行き方」その2からの続きです。さて、ここからは筆者の体験記になります。筆者が訪れたチャールダムツアーは10月、バスでのツアーに申し込みましたが、参加者が少なかったので、ジープで行くことになりました! ジープは2台で、6人グループとガイドさん1人、6人グループと私1人の、7人ずつに分かれて出発です。私以外は、全員インド人でした。チャールダムを訪れる正規の順番は、ヤムノートリ、ガンゴートリ、ケダルナート、バドリナートとのことでしたが、この時は、ヤムノートリに通じる道が通れなくなっているため、まずはケダルナートに向かうことになりました。

かなりハードなケダルナートへの道のり

馬に乗りケダルナートへ向かう人達 馬に乗りケダルナートへ向かう人達

ケダルナートへは、一泊分の最低の荷物だけ持って、残りの荷物はホテルに預けるように指示がありました。ルドラプラヤグというところまで、車が入れるので、そこまで送ってもらい、車は引き返しました。そこからは、ガイドさんの指示で、ケダルナートを目指します。歩いて登ると8時間から10時間くらい、かかるそうですが、大抵の人は馬でケダルナートを目指します。馬には、馬をエスコートしながら歩く人がつきますが、私は朝9時にルドラプラヤグを出て午後1時にケダルナートに到着しましたが、かなり疲れました。また、ケダルナートの標高は3581メートルなので、ゆっくり歩かないと息切れします。ケダルナートでは、どのホテルにチェックインするか事前に指示があるので、皆、自分のスピードでそれぞれ、ホテルへ向かいました。

車で入れるバドリナート

昼間のバドリナート外観 昼間のバドリナート外観

ケダルナートから再び、馬でルドラプラヤグまで戻り、迎えの車で再度、ホテルまで戻りました。その後、目指す地はバドリナートです。バドリナートは、車で直接入れるので、ラクでした。バドリナートでは、神様に捧げる賛歌が夜に行われていて、寺院もライトアップされていて、とても幻想的でした。バドリナートの標高は3133メートルで、その前に訪れたケダルナートより低くなっているので、歩くのもラクでした。バドリナートには一泊し、比較的他の場所よりも時間が取れるので、お土産などの購入はここで済ますと良いと思います。寺院周りには、たくさんの露店が出ており、お土産屋さんも充実していました。(その4に続く)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/09/16)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索