page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【2020年情報】JALのインドへの新路線!2020年3月成田ーバンガロール間直行便就航へ


南インドの都市バンガロールへの直行便

2020年3月29日、JALの成田ーバンガロール間の直行便が就航します。2019年10月には、ANAが成田から南インドの都市チェンナイに直行便の就航をスタートし、これで成田から南インドへの直行便は2都市になりました。成田ーバンガロール便は毎日運航され、所要時間は約9時間になります。成田を夕方6時台に出発し、バンガロールに日付が変わった後の深夜0時台の到着です。バンガロール発は深夜2時台、成田到着は午後2時台です。日本とインドの時差は3時間半で日本が進んでいます。

年間を通して気候温暖なバンガロール

カルナータカ州の州都バンガロールは、標高920メートルの高原地帯にあります。年間を通して最低気温が20度前後、最高気温が30度前後で過ごしやすい気候です。IT企業が数多く集まるこの都市は、インドのシリコンバレーとも言われています。インドの伝承医学であるアーユルヴェーダのトリートメント施設は、南インドのコーチン空港からアクセスする場所に多くあります。今までコーチンに入るには、ニューデリーで飛行機を乗り換えてコーチンまで約3時間の行程でした。バンガロールからコーチンは約1時間ですので、コーチンや南インドの他都市を訪れるなら、これからはバンガロールから入るのがおすすめです。

コーヒー文化が根付くおしゃれな街

さまざまな料理が味わえる定食ミールス さまざまな料理が味わえる定食ミールス

インドの他都市と比べて公害も少なく緑が多いバンガロールは、おしゃれな街です。南インドはコーヒーの産地でもあり、コーヒー文化が根付いています。最近では、南インド産のコーヒー豆を使ったカフェがいくつも出来ています。また、郊外にはワイナリーもありワイナリーツアーもあります。インドではお酒が制限されている都市も多いですが、バンガロールではクラフトビールやワインを提供するおしゃれなバーも多くあります。また、南インドのカレーはマイルドで日本人好みです。観光施設はあまり多くありませんが、ティプースルタン宮殿やラールバーグ植物園などが見どころです。それではバンガロールでの滞在、楽しんでくださいね!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/02/27)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索