南インドはアーユルベーダの本場

南インドは、名だたる観光名所が集まった北インドとは、人も食べ物も、流れる時間さえも違うような、のんびりと穏やかな地です。中でもケララ州はアーユルベーダの本場として、実施、研究が最も進んでいます。世界で最初にオープンしたアーユルベーダリゾートとして有名な「ソマティーラム」をはじめ、トリートメントを受けながらリゾートホテルに滞在するパッケージが充実しています。また、アーユルベーダの施術を教えるアカデミーもあるので、その技術を本場で学びたい人にも最適の場所です。

インドの伝統医療アーユルベーダ

アーユルベーダは、日本では、おでこに油をたらすシロダーラなどインドエステというイメージがもたれていますが、実は、約5000年の歴史を持つインドの伝統医学なのです。病気になりにくい体を持ち、健康を維持する予防医学の見地から、体の中の余剰なものを取り除き、体のバランスを整えるための施術が行われます。ですからこれらのリゾートは、いわゆるスパリゾートとは違って、ただエステを受けて美味しいものを食べて過ごすというわけではありません。

医師の診断によるトリートメント

トリートメントには、減量やアンチエイジングなど様々なコースがありますが、どれもまず、医師の問診・脈診・触診などによる診断を受けるところから始めます。各人の体質や体調に合わせたプログラムが処方され、それによってオイルマッサージやハーブマッサージなどを受けていきます。アーユルベーダに基づいたベジタリアン料理を食べ、朝はヨガ、夕方はメディテーションのクラスに参加しているうちに、体の隅々まできれいになっていくのが感じられます。

バックウォーターのボートツアー

リゾート滞在中には、是非コーチンのバックウォータークルーズに出かけてください。ケララ州にある水郷地帯をバックウォーターといい、その中を船に乗ってのんびり渡っていくケララ最大のアクティビティです。椰子の木が茂る下で漁をする人、洗濯する女性、遊んでいる子供たちなど、そこに暮らす人々の暮らしも垣間見えます。時間のある人は、宿泊施設が備わったハウスボートに乗って1泊か2泊、ゆったり優雅に過ごすのもいいですね。南インドは北の喧騒とは別世界。