デリーグルメ・料理ガイド

デリーグルメガイド

デリーのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

世界のさまざまな各国料理も味わえるが、グルメならやはり本場のインド料理を食べてみたい。「インド料理」といっても地方ごとの特色があるが、デリーのある北西インドは、ヨーグルトやスパイスに漬けて味付けした素材をタンドゥーリという土釜を使って焼き上げた「タンドゥーリ料理(北西インド料理ともいう)」が伝統料理だ。代表的な料理には骨付きチキンを使ったタンドゥーリチキン、骨なしチキンを使うチキンティッカ、ミンチにした羊肉を串焼きにしたシシケバブなどがある。食事ではナーンと一緒に食べてみたい。(2015年編集部調べ)


デリーのレストラン・屋台

町中には屋台や大衆食堂も多いが、衛生上の問題からきちんとしたレストランで食べた方が無難だ。屋台では古い油にあたることもあり、とくに揚げ物は避けること。デリーの有名店は高級ホテルの中にあることが多く、予算はディナーでひとり3000〜5000円。値段は張るが手のこんだインド料理が食べられる。安心して入れる町中の中級レストランは店によって値段に幅があるが、予算はひとり1000〜2000円程度。気楽な感じで、カレー料理からタンドゥーリ料理まで食べられる。

デリーの水・お酒

衛生状態が良くないので、水道水や生水は絶対に飲まずに、必ずミネラルウォーターを飲むように。ペットボトル入りの水はどこでも売っているので心配ない。お酒はインドでは宗教上の理由から、あまり推奨はされていない飲み物で、デリーでも専門の酒屋でのみ買える。またアルコール類を置いているレストランも、外国人向けか一部のレストランに限られる。その他の飲み物は、国民的飲み物といえるチャーイ(ミルクティー)が、レストラン、食堂、屋台で飲めるほか、都会らしくコーヒーが飲めるカフェのチェーンも増えている。


現地ガイド発!デリーのグルメ・料理最新情報

2016/11/19 グルメ

デリーのアジャイゲストハウスにある、ベーカリーレストランでお得な朝食ビュッフェを!

デリー旅行イメージ-アジェイゲストハウス内ベーカリーレストランの朝食用ビュッフェテーブル アジェイゲストハウス内ベーカリーレストランの朝食用ビュッフェテーブル

宿泊ホテル以外でのデリーでの朝食って、実はあまりバラエティーがないのが現状です。レストランやファーストフード店もオープンが9時や10時以降でゆっくりのところが多いんです。そこで、アクティブに朝早くから行動したいあなたに、朝食ビュッフェをお得に味わえるアジャイゲストハウスのベーカリーレストランを今回はご紹介いたしますね。自家製パンが本当においしく、バラエティーに富んでいるので、筆者もデリーに滞在時には、立ち寄っています。ここでしっかり朝食を取った後は、ランチは軽めに済ませられ、その分観光や買い物に集中も出来るのでオススメですよ! アジャイゲストハウスがあるのは、ニューデリー駅西口前からのびるメイ…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


デリーグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるデリーの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
デリーのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!