老若男女問わず、インド人が大好きなデザート

インドのデザート「キール」は、牛乳でお米を炊いた甘いお粥のようなもので、それにドライフルーツやナッツが入ります。レストランのメニューなどにもあり、その際、英語では、ライスプディングと呼ばれています。キールは老若男女問わず、インド人が大好きなデザートで、お祭りやパーティーの際によく食されています。普段の食卓にものぼることはありますが、その場合は、「今日のデザートはキールだよ!」と一言付け加えるほど、皆が大好きなデザートです。夏には冷蔵庫で冷やしてから食べ、冬には温かいまま、食べるのがオススメです!

世界のデザート〜インドのキールは、みんな大好きなミルク粥 世界のデザート〜インドのキールは、みんな大好きなミルク粥

キールは主に自宅で作るデザート

インドのデザートの中には、自宅ではあまり作らなく、スイーツ屋さんから購入するというデザートも多いのですが、キールは調理が簡単なので、主に自宅で作るデザートです。作り方は、お米を洗って水につけておき、牛乳の中に生のままのお米を加え、弱火でかき混ぜながらとろとろになるまで煮込みます。煮込む際には、つぶしたカルダモンを加えると風味が増します。仕上げにお好みの量の砂糖を入れ、干しレーズン、カットしたカシューナッツなどを加えると出来上がりです。

手軽に作るにはキールの素をどうぞ

ここまで読んで、キールに興味を持った方は、キールの素を買ってご自宅で作ってみてはいかがでしょうか? キールの素に、牛乳を加えてじっくり煮込むだけで手軽にキールを作ることが出来ますよ。日本では、インド食材を扱っている店で手に入りますので、興味のある人は探してみてくださいね。また、レトルトパックに入って温めるだけのキールもあります。キールの綴りはKheerです。キールの素は、Kheer Mixなどの名前で売られていることが多いようです。

キールは隣国パキスタンでも人気

キールはインドの隣国パキスタンでも人気のデザートです。パキスタンでは、ローズウオーター(バラ水)やココナッツミルク、アーモンドパウダーなどを加えることが多く、インドのキールとは、バージョンが少し違っていますが、おいしさは共通です! 日本人の私たちにとって、牛乳とお米のコンビネーションは、ハードルが高い感じがありますが、食べてみると意外とイケます。機会があったら、是非、試してみてくださいね。