page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

デリーで本格南インド料理が楽しめるレストラン、ベスト3。その3:おしゃれエリアにある本格店


掲載日:2017/09/06 テーマ:グルメ 行き先: インド / デリー

タグ: おいしい たのしい グルメ レストラン


南インドの雰囲気があふれる素敵な店内

お店の入り口で出迎えてくれるナンディ像が目印です! お店の入り口で出迎えてくれるナンディ像が目印です!

デリーで本格南インド料理が楽しめるレストラン、ベスト3」。最後におすすめしたいのは、南デリーのおしゃれエリア「ハウズ・カース・ビレッジ(Hauz Khas Village)」にあるカルナータカ料理のベジタリアンレストラン、「ナイヴェーディヤム(Naivedyam)」です。カルナータカ州は、IT都市として有名なベンガルールを州都とするインド南西部に位置する地域です。お店の入り口で迎えてくれるナンディ(牛の神様)像が印象的なこちらのレストランは、本格的なお料理もさることながら、カルナータカから取り寄せたという店内のインテリアから、店員さんの制服まで、お店の雰囲気全体で南インドが感じられる素敵なお店です。今回ご紹介の3店舗の中では、最も値段は高めになりますが、それでもリーズナブルな価格帯です。場所柄もあり、お客は少し裕福なファミリー層が中心で、外国人の姿も多く見られる人気のレストランです。

夕食におすすめ! ゆっくり食事を楽しみたい方に

こちらは、セモリナ粉を使ったラヴァドーサ。 こちらは、セモリナ粉を使ったラヴァドーサ。

今回ご紹介の「ナイヴェーディヤム」は、「庶民的なレストランや食堂よりも、もう少しゆったりとした雰囲気で南インド料理を楽しみたいわ!」という方におすすめです。メニューの種類が豊富なので、注文に悩んでしまいますが、困ったときは南インドの定食の「ミールス」をオーダーしましょう。ミールスが注文できるのは、11時〜15時のランチタイムと19時〜22時のとディナータイム限定になります。種類は3種、マハラジャ《325ルピー(約590円)+TAX》、ノーマル《255ルピー(約460円)+TAX》、ティファン(軽食)《255ルピー(約460円)+TAX》があります。もうひとつの定番メニューである米粉のクレープ、「ドーサ」もたくさん種類がありますが、メニューに英語で説明が書かれているので、お好みをチョイスできます。注文後にはサービスで「ラッサム」という酸味の効いたスープと、豆のせんべい、「パパッド」を食前に出してくれます。こちらのレストランでは、アルコール類の提供はありませんが、周囲にはバーがたくさんあるので、ディナーの後は別のお店に移動して、食後の一杯を楽しめますよ。

ハウズ・カース・ビレッジで、散策やバーでの一杯を楽しんで

こちらのレストランがある「ハウズ・カース・ビレッジ」は、デリーの若者たちが集まるデリー随一のおしゃれなスポットなんです。お酒が飲めるバーやレストランが多く集まっているので、夜には多くの人々でにぎわいます。もともとこのエリアは、若手のデザイナーやクリエイターたちのアトリエやブティックが集まる、流行の発信地として栄えてきました。洗練されたショップやカフェなどが入り組んだ路地裏に並び、ビレッジの奥には13世紀の遺跡群が残る公園があったりと日中の散策も楽しいところです。最寄駅は、イエローラインのグリーン・パーク駅です。そこからは、オートリキシャ(50ルピー程度)で向かいます。時間帯によっては、オートリキシャの侵入が禁止(車はOK)されることがあるので、ヴィレッジの入り口付近まで少し歩くことになるかもしれません。

店舗情報

ナイヴェーディヤム(Naivedyam)
【ハウズ・カース・ビレッジ店】
住所:1, Hauz Khas Village, New Delhi
営業時間:11:00〜23:00

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/09/06)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索