旅の途中で日本食レストランへ行ってみよう!

インドへ旅行に行くと、現地のカレーの美味しさに目覚め、ずっとインド料理が続くと言う事はよくあるかと思います。筆者も以前はそうでした。最近、筆者はデリーに寄った際は日本食レストランへ立ち寄る事が多くなりましたが、やはり日本食はホッとしますよね。そこでインドを旅する皆様に、デリーで美味しい日本食を味わえる場所を今回はご紹介致します。

リーズナブルに気軽に味わうなら「クラブインディア」

ニューデリー駅近くのパハールガンジ(メインバザール)地区にあるレストラン「クラブインディア」は、正確には日本食レストランではないのですが、日本食を味わえます。インド料理、コンチネンタル料理などと共に日本食がメニューに載っています。デリー在住の日本人の友人に連れて行ってもらったのが最初でしたが、知る人ぞ知る穴場の日本食が味わえるスポットです。日本人に一番人気は「から揚げセット」で、ご飯、から揚げ、お味噌汁がついて290ルピー(約522円)でボリュームたっぷりです。その他、オムライス150ルピー(約270円)、野菜かき揚げうどん300ルピー(約540円)、その他丼物など。メニューは少なめですが、リーズナブルな価格で日本食を味わえます。

「クラブインディア」の入り口 「クラブインディア」の入り口

アクセスしやすいコンノートプレイスにある「FUJI レストラン」

「FUJI レストラン」は、コンノートプレイスのMブロックにあり、旅行者の皆さんにもアクセスしやすい場所にあります。こちらは、本格的な日本料理店で、なんとお刺身や握り寿司もあります。平日の12時から15時までは、特別平日メニューとして、日替わり定食が500ルピー(約900円ですが、こちらの値段に税金が加算)の提供もしています。焼き鳥、ラーメン、鍋、鉄板焼きなど、メニューはバラエティーに富んでいて、お酒の取り扱いもしています。インドでは、お酒をレストランで提供する為のライセンス取得の手続きが複雑のため、お酒を提供するレストランは少なく、ここは貴重です。

「FUJI レストラン」外観 「FUJI レストラン」外観

3店舗ある「愛味(まなみ)」は、アバロン店が便利

「愛味(まなみ)」は、3店舗ありますが、旅行者の皆様にアクセスしやすいアバロン店を紹介します。イエローラインのスルタンプール駅で下車し、徒歩約5分の「アバロンコートヤードホテル」1階にあります。メニューは豊富で、有機野菜を使用した優しい味わいがコンセプトです。同じフロア内には、日本人女性のパティスリーが経営する「喫茶室もみじ」があります。食事の後は、あんみつやケーキなどを味わいに寄ってみるのもオススメです。また、スルタンプール駅周辺は、日本人の起業家が集まっている地区もあり、家具屋さんの「ヤスクラフト」、インド初のまんが喫茶の「マンガフルカフェ」などもあります。「愛味(まなみ)」を訪れた際、興味のある方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。