インドのお土産と言えばやはり紅茶!

インドのお土産と言えば、やはり紅茶は外せないところです。インドのお土産やさんやスーパーマーケットで売られている紅茶は、日本のスーパーマーケットなどで買う紅茶と大差なかったと言う話もよく聞きます。やはり、さすがインドの紅茶というクオリティーの物は、専門店で購入するのが一番です。そこで紅茶好きの筆者が、自信を持っておすすめ出来るデリーの紅茶屋さんを2軒ご紹介します。筆者はデリー滞在で時々時間がなくて、この2軒とは違うお店で紅茶を購入した事が何回かありますが、やっぱりこの2軒の紅茶のクオリティーは素晴らしいです。是非時間を取って訪れてみてください。

さすがの老舗1954年創業の「ミッタルティー」の紅茶

「ミッタルティー」の紅茶は、デリーの2店舗で購入出来ます。私たち旅行者にアクセスしやすいのは、コンノートプレイス店で、メトロのブルーラインのBarakhamba Roadで下車してすぐの所にあります。ここは、日曜日はお休みなので、日曜日ならスンダル・ナガル・マーケットにある本店に車で訪れるのが良いでしょう。インド三大紅茶のダージリン、アッサム、ニルギリの様々な種類を取り扱っています。一番人気はダージリンだそうで、春に収穫したファーストフラッシュ、夏に収穫したセカンドフラッシュなど専門店ならではのクオリティーの高いものが手に入ります。筆者のおすすめは、優雅な花の香りが引き立つフローラルアールグレイティーと本物の乾燥したマンゴをミックスしているマンゴティーです。日本人には特にマンゴティーが人気だそうですよ。

ミッタルの本店にて。包装紙もカラフル ミッタルの本店にて。包装紙もカラフル

日本人女性経営の「ハッピーハンター」

日本人女性石井博子さんが経営する「ハッピーハンター」では、ダージリンのオーガニック茶園「マカイバリ茶園」の紅茶を扱っています。ダージリンやニルギリなどの茶園の取引先まで石井さんが訪れ、仕入れしていて、どの紅茶も素晴らしいテイストです。また、パッケージのデザインも石井さんがなさっていて、洗練されたデザインのパッケージに入ったこだわりの紅茶は、大切な人へのプレゼントやお土産に喜ばれることでしょう。日本人の駐在の方が、一時帰国の際、まとめてお土産をここで購入する姿も見たことがあります。オリジナリティー溢れる雑貨などの取り扱いもあります。ティーサロンも併設しているので、ケーキと共に紅茶を楽しむことが出来ますよ。場所はHauz Khas Main Marketにあり、メトロのGreenPark駅からオートリクシャーで約5分です。少しわかりにくいので、車で訪れるのがラクかもしれません。さて、デリーでの滞在は時間があまり取れないことも多いと思うのですが、美味しい紅茶を手に入れるなら、是非この2軒を訪れてみてくださいね。

マカイバリ茶園のオーガニックティー マカイバリ茶園のオーガニックティー