page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

デリー、インディラ・ガンディー国際空港で泊まるなら、どこがベスト?


掲載日:2017/01/02 テーマ:エアライン・空港 行き先: インド / デリー

タグ: おもしろい ためになる 穴場 珍しい


2010年にターミナル3ができて、宿泊も安全になりました

鮮やかなブルーが目立つ、ホリデイ・イン・エクスプレスの案内表示 鮮やかなブルーが目立つ、ホリデイ・イン・エクスプレスの案内表示

デリーのインディラ・ガンディー国際空港の施設内を久しぶりに歩いて、「トランジットホテルが多くて便利になったなあ」と驚きました。現在、すべての国際線と一部の国内線が発着しているターミナル3は、2010年の開業です。それ以前にはターミナル内にトランジットホテルなどなく、空港付近のホテルに一泊するしかありませんでした。夜中に空港から外に出るのは、デリーではおすすめできません。そんなとき、ターミナル内にホテルがあれば安心ですよね。ターミナルで宿泊できる場所を、あちこち取材してみました。

手堅い人気のラウンジ、リニューアルオープンのホリデイ・イン

トランジットタイムを使って、マッサージもできます トランジットタイムを使って、マッサージもできます

深夜に到着して、朝を待ってから市内に入りたい人には、「プラザ・プレミアム・ラウンジ」がおすすめです。清潔で快適、とりあえず間違いなしです。しかしラウンジではなくてもっと本格的に「ホテル」に泊まりたい人は、「ホリデイ・イン・エクスプレス・ニューデリーエアポート・ターミナル3」はいかがでしょう。ここは、以前は「イートン・スマート」という名前でしたが、2016年3月ごろにホリデイ・イン・エクスプレスとしてリニューアルオープン。私も(泊まりもしないのに)案内に従ってずんずん行ってみました。だいぶ奥まった場所にあるとはいえ、スパ施設などもホテルらしく充実していて、長いトランジットタイムも優雅に過ごせそうでしたよ。

ベンチで寝るよりはちょっとマシ。こんなホテルは?

カウンターのお兄さんたちは気さく。インド映画の話で盛り上がりました カウンターのお兄さんたちは気さく。インド映画の話で盛り上がりました

優雅じゃなくてもいいからユニークな宿泊をしてみたいという人は、「スヌーズ・スリーピング・ポッズホテル」がいいですね。ここは本当に笑ってしまうほどユニークなホテルです。ホテルというか、ほとんどテント泊のようなものです。というのも、空港のコンコースの片隅に、四角い箱(部屋)がコロコロと並んでいるだけなのです。トイレもシャワーもなく、トイレに行きたい人は空港の普通のトイレまで歩いて行きます。エアコンもないので、室内の温度調節は空港のエアコン次第。ただの通路で防音もされていませんから、通路を歩く人々の声や、案内の放送などは筒抜けです。

デリーから諸外国へ発つ人には利用価値大

インドの女の子の部屋みたいな、アットホームな室内 インドの女の子の部屋みたいな、アットホームな室内

これはもう空港好きにはたまらないですね。まさに「空港に泊まっている」ことを実感できます! もちろん、さまざまな条件との折り合い次第ですが……。スタッフに尋ねてみると、ここは5年前からあったそうです。しかし、日本での知名度は高くありません。というのも、このホテルはデリーから国際線で出発する人だけが泊まれるホテルだからです。国内線乗り継ぎや、深夜到着で朝を待つ人は泊まれません。スタッフといろいろおしゃべりをしていると、宿泊もしないのに部屋の中を見せてくれました。狭いですが、かわいらしい内装で、自分の部屋のような気分でしたよ。インディラ・ガンディー国際空港の中にある、いろいろなタイプのトランジットホテル。自分のニーズに合わせて、選んでみてください。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/01/02)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索