page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

海外で一人旅は、時間がたっぷり! 〜さて、どうしよう?


人はなぜ旅に出るのか?

ニューデリーのとある安宿 ニューデリーのとある安宿

人はなぜ、旅に出るのでしょうか? 僕の場合は21歳の時、定まらぬ人生に、どうしていいかわからないので、考えてみようとインドに行ったのがきっかけでした。なぜインドか? インドって、どこか哲学的なイメージですし、何より物価が安い。長く旅ができそうでしたし、日本とは全く違った価値観の中に身を置いてみたかったのです。日本にはたぶんレールがあって、そのレールの上を歩いていくことが大事だと、世間から言われているような気がしていました(誰もそんなこと言ってないのに)。自由に発想すればいいにもかかわらず、どう考えていいのか、わからなかったのですね。世間ではこういう旅を「自分探しの旅」と形容しますが、「自分探しの旅」と規定してしまうことにこそ、自由な発想とは相入れないのだと思います。自由な旅のよさを知らない人ほど、自分の価値観の中で、理解しようとする。その典型と言えるでしょう。

一人の重さを感じる旅

旅に目的など要らないのです。ただ旅をする。いつもと違った風景や空気の中に身を置いて、異国の人と触れ合ってみる。それだけでいいのだと僕は思います。そうしているうち、自分が変質するかもしれないし、しないかもしれない。でも結局、そんなこともどうでもよくて、日々をとても新鮮に過ごせることこそ、旅の醍醐味なのでしょう。一人旅をしていると、一人の重さをひしひしと感じます。知らない町の薄汚い安宿で旅装をといて、夜、薄暗い部屋でぽつねんと過ごす。「刺身が食べたいなあ」とか、「これから人生どうしよう」とか、やたらにいろいろ考えます。テレビも観ないし、話し相手もいない。だからどうしても考える。なんとはなしにうつらうつらと考える時間が多くなります。結論を見つけるのではなく、とにかくいろいろ考えるのです。すると、バスに揺られ、電車に乗っても、車窓の風景を見ながら、いつも何かを考えるようになっていくのです。

旅は人生を豊かにしてくれる

僕は海外を旅するようになって、30年以上が経ちました。今でもちょくちょく海外に出ますが、やはりいろいろ考えています。書いている小説のこと、世界の現状、日本の姿、家族のことなど。日本で生活していると、移りゆく時間の中で通り過ぎるように生きているように感じることが少なくありません。そうなったら海外に出かけるのです。すると頭の中に溜ったカスが、いつしかきれいになっていく。どうでもいい情報が、きれいさっぱり「無」となって、気持ちいい。頭がすっきりしてきます。すると、日本に居たのでは考え付かなかったようなことが頭に浮かびます。いい兆候ですね。最近では妻と二人で出かけるようになりましたが、それでも考える習慣はそのままです。なぜ人は旅に出るのか? 空間と時間を断ち切り、まったく別の世界に移動することで、人生を豊かにすることができるからではないのか。最近は、そんな風に思います。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/07/21)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索