page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

デリー国際空港で夜明かし。安全重視のあなたにおすすめの方法はズバリこれ!


掲載日:2020/01/15 テーマ:エアライン・空港 行き先: インド / デリー

タグ: ためになる キレイ 穴場


デリーに夜到着したら、無理に外に出ないこと

デリー空港には計5ヶ所のプラザ・プレミアム・ラウンジがあります デリー空港には計5ヶ所のプラザ・プレミアム・ラウンジがあります

デリーのインディラ・ガンディー国際空港に夜到着し、夜明かしすることになったあなた。どこでどうやって過ごしますか? 床やベンチで朝を待つ? 体力に自信のない方には向きません。空港付近にホテルもありますが、そもそもデリーでは、夜は空港の建物から外に出ない方がよいでしょう。少し値段は張っても安全で確実に休みたいのなら、ラウンジにある宿泊施設に泊まるのがおすすめです。インドの旅は体力温存が何よりも大事ですからね!

到着客専用エリアは外部の人間が勝手に入ることができません

寝るだけなら十分な個室 寝るだけなら十分な個室

日本からデリーへのフライトは通常ターミナル3が使われているので、到着してめざすべきはターミナル3到着エリアにあるラウンジ「プラザ・プレミアム・ラウンジ(Plaza Premium Lounge)」です。ターミナル3到着エリアには、プラザ・プレミアム・ラウンジが2ヶ所あります。受託手荷物を受け取って出口から出ると、到着客専用のエリアになります。このエリアの左右両端にラウンジがあるのです。出口を出てもまだ本当の屋外には出ていません。絶対に屋外へ出ないでください。一度出てしまうと、再び入場することが大変面倒だからです。

到着エリアのラウンジにカレーなどの食べ物は用意されていません

水のボトルもどんどんくれます 水のボトルもどんどんくれます

アライバルゲートのドアから出て左へ行くと国際線到着用のラウンジへ。右へ行くと国内線到着用のラウンジがあります。細長い同じフロアの左右にあるわけですね。宿泊ができるのは国際線の方のラウンジです。プラザ・プレミアム・ラウンジはプライオリティパス保有者なら無料ですが、宿泊はプライオリティパスの有無には関係ありません。また、両方のラウンジとも、食事の提供はありません。コーヒーなどの飲み物とクッキーくらいです。しばしば旅行系口コミサイトに「食べるものがたくさんある」と書かれています。これは出発エリアにあるラウンジのことで、到着エリアのものと混同しているために情報が錯綜しているのです。くれぐれも飲食には期待しないように(クッキーはなかなかおいしいですが)!

予定が決まったら予約を忘れずに入れましょう

水圧、温度ともにきちんと出るシャワー 水圧、温度ともにきちんと出るシャワー

部屋はすべて個室で、快適なシャワーと必要最低限のアメニティーもそろっています(シャンプーあり・コンディショナーなし)。バスタオルや歯ブラシもあり、ベッドはセミダブルサイズ。ピカピカではありませんが、デリーの安宿経験者からすれば天国のような設備かも?ただし同程度の金額で日本のホテルくらいの内容を求めるとがっかりするかもしれません。窓はなく、廊下の音もよく聞こえます。料金は、シングルの場合3時間利用で約37USドル、6時間利用で約52USドル(2019年現在)。超過1時間ごとに8USドルです。予約は公式サイトから直接できます。

感じのいい受付に当たればラッキー。良い旅を!

モーニングコールを頼むこともできます モーニングコールを頼むこともできます

ちなみに私は、個室6時間を予約していきました。JAL便なので夕方には到着していたのですが、無理して外に出ず、ずっとこの到着エリアにいました。ATMでキャッシングをしたりSIMカードを入れ替えたり、ラウンジのマッサージサービスを利用したり、フードコートでのんびり食事。翌朝は6時間を超過したのに、受付の女性は超過料金を見逃してくれました。どうやら、空室がある場合はわりと緩めに対応してくれるようです。しかも、チェックアウトした後「ターミナルの移動の方法はわかる?外まで付いていきましょうか」と言ってくれました。シャワーをたっぷり浴びて、ベッドで横になれた上にちょっとした親切も受け、幸先のいいインド旅行のスタートを切れましたよ!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/01/15)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索