利用価値の高いデリーメトロ

人口増加と近代化が著しい国、インド。各地で渋滞が深刻な問題となっており、その緩和のため、大都市を中心に地下鉄の導入が相次いでいます。計画通りに工事が進まなかったり、路線が少ないなどで利用しにくい所もありますが、首都デリーは地下鉄網が整備され、利用価値の高いものとなっています。タクシーやオートリキシャ(三輪タクシー)だと、交渉が必要ですし、土地勘がないとぼったくりも避けられず、安全性もあまり高いといえません。ましてや路線バスは、道端に何の案内もないためルートが分かりにくく、とても初心者向けとはいえない乗り物です。そんな時は、デリーメトロ(地下鉄)を利用してみてはいかがでしょうか。

便利なデリーの地下鉄(デリーメトロ)を乗りこなそう! 便利なデリーの地下鉄(デリーメトロ)を乗りこなそう!

空港から市内へ、各見どころへ

デリーメトロには全部で6つの路線があります。うち5路線にはシンボルカラーの名称が付けられ、1路線は空港と市中心部を結ぶエアポートエクスプレスです。まずこのエアポートエクスプレスは、乗り心地も快適で、デリー中心部への移動に大変役立ちます。運行速度が最速の場合、所要約20分。これならタクシー運転手などによる詐欺にかかる心配もありません。ただし、深夜から早朝にかけては運行していないので注意。また、それ以外の路線は、観光地やショッピングスポットへのアクセスにも使えます。特に中心部から遠いデリー南部の世界遺産「クトゥブ・ミーナール」や、ハスの形をした寺院「バハーイー・ハウス・オブ・ワーシップ」などへ行くのに重宝するでしょう。

デリーメトロの利用方法は?

駅には「Tokens」と書かれた窓口があり、プラスチックのコイン式チケット(1回券)が購入できます。改札脇には「Customer Care」という別の窓口がありますが、ここでは「スマートカード」というプリペイド式カードを売っています。デポジット50ルピー、チャージは100ルピーからで、チケットを毎回買う手間が省け、運賃も割安になります。チケットやカードを手に入れたら、次に手荷物をX線に通して検査。続いて改札でコインまたはカードを機械に当て、ホームへ。自分が行きたい方角の終点駅の名前を覚えておきましょう。どこかで路線図を手に入れておくか、スマートフォン用のアプリを入れておくと役立ちます。

利用の際の注意点を教えます

エアポートエクスプレスを除くデリーメトロは、とくに朝夕の通勤時間帯は非常に混み合います。スリに注意し、大きな荷物を持っている場合は、ほかの交通手段を利用したほうがいいでしょう。また、先頭車両は女性専用のレディスカーになっています。女性にとっては安心ですし、混雑時もほかの車両より空いています。なお、駅や車内での写真撮影、飲食、喫煙、ゴミ捨て、動物の持ち込みなどは禁止。決まりを守って安全・快適にデリー観光を楽しみたいものです。