page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

2019年版、旅のスキルアップ。ガイドブックを電子書籍にしたら身軽に!


掲載日:2019/05/22 テーマ:海外旅行の準備 行き先: インド / デリー

タグ: ためになる 新しい 欲しい


あなたのガイドブックは、紙? 電子書籍?

Kindleは生活の中で手放せない存在です Kindleは生活の中で手放せない存在です

若いころから旅行が大好きで、ずっと旅行をくりかえしてきましたが、近頃ではトシには勝てず、荷物の軽量化が課題です。荷物が重いと、機動性が著しく落ちてしまうんです。ああもう1ヶ所、行こうと思っていたのに、もう1キロ、歩く予定でいたのに……、疲れて観光をパスしたり、タクシーに乗ったり。今すぐできる対策は、「紙のガイドブックをやめる」ことでした。これでカバンが圧倒的に軽くなり、足取りも軽くなったのです。

ふだんの生活で愛用しているKindleでガイドブックを読もう

私は電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)」の愛用者で、新書やミステリーなどをどんどんキンドルに入れています。昔は文庫本を持って行きましたが、今では旅行中の読書もKindleばかりです。私の持っているものは防水機能搭載タイプなので、プールサイドやお風呂につかりながら読書を楽しむのも、旅の合間の楽しい時間です。2016年のポーランド旅行で、初めてガイドブックをKindleに入れて行きました。ガイドブックの大御所「地球の歩き方」ポーランド編は、初めて行くポーランド旅行の際に非常に役に立ちました。

電子書籍だとページは固定レイアウト

PC、スマホ、時計も。画面に囲まれる生活。ついにガイドブックも PC、スマホ、時計も。画面に囲まれる生活。ついにガイドブックも

しかし、Kindleの画面ではカラーがなく、小さい文字を拡大するのにやや時間がかかるのが難点だと感じました。やはりガイドブックは、必要なタイミングでサッとそのページを開いて読めるスピード感も重要なんですよね。2019年のインド旅行のときには、地球の歩き方インド編の分冊「北インド」を買いました。そしてKindleのアプリをスマホに入れ、Kindle本体はふつうの読書専用にして、ガイドブックはもっぱらスマホのアプリで見ていました。スマホならページもカラーだし、拡大・縮小もKindleに比べてはるかに速く、文字も鮮明です。スマホだと画面が小さいので、タブレットならさらに見やすいと思います。ただ軽量性・機動性だけを重視するのなら、スマホが一番ですね。

大きな国でも一部分しかまわらないなら、分冊版がおすすめ

ガイドブックの電子書籍用分冊というのは、非常にありがたいシステムです。まず値段が安い! たとえば2018年9月刊行のインド編(インド全国を掲載)は1800円ですが、分冊「北インド」なら500円です。行き先が北インドだけと決まっていれば、分冊はひとつの手ですね。ただし、地球の歩き方名物の「巻頭特集」や「旅の準備と手続き」は、分冊版には載せていないものがあります。必ず全冊版と分冊版を見比べてから、どちらが自分のニーズに適っているか決めてください。

ガイドブック電子書籍化を通じて、改めて旅について考える?

ガイドブックの電子書籍版は、地球の歩き方以外にも各社で出しています。たとえば「るるぶ」「ことりっぷ」「まっぷるマガジン」などなど。けれども、本はやっぱり紙でなければダメという人もいますね。自分にとっての旅(とガイドブック)に必要なものは何か、改めてじっくり見極めましょう。荷物を少しでも軽くしたい私の場合は、ガイドブックの電子書籍化は大助かりですよ!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/05/22)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索