page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

正しい行き方を覚えれば失敗しない! DTTDC(デリー観光開発公団)のツアーに参加しよう


掲載日:2020/10/18 テーマ:海外旅行の準備 行き先: インド / デリー

タグ: お得 ためになる ハラハラドキドキ


楽しいけれど疲れるインド。安楽な現地ツアーはいかがでしょう

一泊ツアーで利用するホテルは質素で、食事はルームサービスのみでした 一泊ツアーで利用するホテルは質素で、食事はルームサービスのみでした

インドは観光地もいっぱい、食や人との触れ合いもいっぱいの、素敵な旅先。けれども不慣れな旅行者にとって、インドは楽な旅ができるところではありません。中でも首都デリーは、様々な手口で旅行者をカモにしようと待ち構えている人が多いんです。もし個人旅行でデリーに来て、自力だけで回る自信がない人には、現地ツアーを利用するのがおすすめ。効率よく主要な観光地を回れるパッケージの他、2泊〜1週間ほどの郊外へのツアーが用意されていますよ。

安楽なツアーに乗るまでの、困難をきわめる道のりとは……

DTTDCをはさんだ道路の向こう側の風景はこのような感じ DTTDCをはさんだ道路の向こう側の風景はこのような感じ

ところが、デリーの旅行会社には(もちろん真面目な会社がほとんどですが)、旅行者をだまして法外な金額を請求してくる悪徳な会社もあります。政府系の「デリー観光開発公団(略称:DTTDC)」は非営利団体なので、いわゆるぼったくりの被害に遭うことはありません。しかしこのDTTDCを巡っては、とにかくトラブルが多いのです! しかも口コミ情報が錯綜していることも、さらなる混乱を招く原因に。この注意事項をしっかり読んで、だまされないようにしましょう。

「Google マップを見れば簡単」とタカをくくるのは失敗の元

コンノート・プレイスから伸びる道路は片道3車線のBaba Kharak Singh Marg コンノート・プレイスから伸びる道路は片道3車線のBaba Kharak Singh Marg

まず、本物の職員が客引きをすることはないので、駅やホテル前などで向こうからツアーに誘ってくる人間はすべて怪しいと思ってください。また、業者とグルのオートリキシャやタクシーにニセのオフィスに連れて行かれないよう、正しいオフィスの場所を把握しておきましょう。でもGoogle マップで「DTTDC」と入れると、候補が何ヶ所もヒットして頭を抱えるかも? デリーには、出張所を含め4ヶ所(2020年現在)の窓口があり、さらにニセモノが勝手にDTTDCを名乗っているから。DTTDCは「Delhi Tourism and Transportation Development Corporation」の略。正しい名前を覚えましょう。これ以外はニセモノです。

味と雰囲気が評判のカフェ「COFFEE HOME」を目指すべし

大きなカフェ「COFFEE HOME」が目印 大きなカフェ「COFFEE HOME」が目印

旅行者が最も利用しやすいのはコンノート・プレイスのオフィスです。COFFEE HOMEという、DTTDC直営カフェに隣接しています。メトロのラジブ・チョウク駅から徒歩10分ほど。もし乗り物で向かうなら、用心のためにDTTDCという単語は出さず「Baba Kharak Singh MargのCOFFEE HOME」と指定するといいでしょう。ちなみにこのカフェは、デリー一日市内観光ツアーではランチに利用されています。

とにかく正しい情報を頭に叩き込み、間違えないように

オフィスの入り口と並んでいるCOFFEE HOME オフィスの入り口と並んでいるCOFFEE HOME

旅行者のクチコミも、信用しすぎてはいけません。というのも、「本物のDTTDCにだまされた」と信じ込んでいる書き込みもあるからです。日本の大手旅行クチコミサイトやGoogle マップのクチコミでも、ニセモノ業者に「(本物の)DTTDCは最悪」と激怒している投稿をしばしば見かけます。本物の職員は、決して愛想たっぷりというわけではありません(インドでは愛想のいい人にはむしろ要注意)。しかし事務所ではきっちり仕事をこなし、ガイドツアーの説明も懇切丁寧ですよ。

楽しい現地ツアーが待っていますよ!

この入り口の門とDTTDCのマークを写真に保存するなどして覚えましょう この入り口の門とDTTDCのマークを写真に保存するなどして覚えましょう

私はDTTDCを2回利用したことがあります。「デリー半日観光の午前中ツアー」と、土日だけ催行される「ハリドワール・リシュケーシュ一泊ツアー」です。用意されるバスやホテルは豪華とは程遠いものですが、インド人旅行者とともにとても楽しい旅をしました。とにかく正しいオフィスにたどり着きさえすればこっちのもの。慎重に行ってきてください!
さらに詳しいデリー観光記事→ https://www.ab-road.net/asia/india/delhi/guide/sightseeing/13452.html
DTTDC公式サイト(e-booking のページからツアーを予約できます)→ http://www.delhitourism.gov.in/delhitourism/dttdc/tourism.jsp

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/10/18)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索