page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ダラムサラグルメガイド

ダラムサラのグルメ・伝統料理

マクロード・ガンジ(ダラムサラ)は、チベット人ばかりでなく、チベット仏教を学びに世界中から信徒がやってくる町。そのため、インド料理やチベット料理だけでなく、西洋料理が食べられるレストランも多い(日本料理店もある)。チベット料理はインド料理に比べるとスパイスを多用せず、塩味のあっさりした味付けで、日本人の口に合う食事ができる。グルメにも人気があるのがチベット風うどんのトゥクパやタントゥク、チベット風ギョウザのモモだ。またビールなどお酒を出す店も多い。(2015年編集部調べ)


ダラムサラのレストラン・屋台

レストランが多いのは、マクロード・ガンジ中心の小さな広場周辺と、そこからダラムサラ方面へ下って行くジョギバラロード沿い、バクス村へ向かう道沿いなど。法主公邸の少し手前の当たりには、WiFiが使えて軽食もとれるようなオープンテラスのカフェが並んでいる。欧米人が多いことから、インドでは珍しく食後もくつろげるようなタイプのレストランが多いのがうれしい。高級レストランより、気軽に入れるタイプのレストランがほとんどだ。

ダラムサラの水・お酒

インドの水道水は飲料には適していないので、必ずミネラルウォーターの水を飲むこと。飲み物はコーラやファンタなどの炭酸飲料がよく飲まれているが、インド風ミルクティーのチャイや、チベットのバター茶などを出す店もある。また長期滞在の西洋人が多いため、アルコール類の提供をしているレストランも多く、一部の店では生ビールも飲める(インドでは大都市以外珍しい)。またエスプレッソメーカーを使ったコーヒーが飲める店があるのもありがたい。


現地ガイド発!ダラムサラのグルメ・料理最新情報

2016/09/05 グルメ

突撃! 海外のラーメン〜チベットの麺料理「トゥクパ」

ダラムサラ旅行イメージ-突撃! 海外のラーメン〜チベットの麺料理「トゥクパ」 突撃! 海外のラーメン〜チベットの麺料理「トゥクパ」

北インドの高原地帯にダラムサラという町があります。首都のデリーから、ツーリスト用の夜行バスで12時間。元はイギリス人が開発した避暑地です。しかし1959年、中国から逃れてきたチベット難民のために、この地に「亡命政府」が樹立され、ノーベル平和賞受賞者のダライ・ラマ14世法王がその国家元首となりました(今は引退)。ダラムサラの北にあるマクロード・ガンジ地区には法王の宮殿があり、6000人以上の亡命チベット人が暮らしています。僧侶も多く、紅色の袈裟を着たお坊様が行き来する様子は、インドではなく、チベットではないかと思えるほどです。道端にはチベット人の露店が軒を連ね、チベット人に混じって、道を外国人旅…続きを見る


ダラムサラのグルメ・料理ガイド記事

ダラムサラの記事一覧を見る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ダラムサラグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるダラムサラの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ダラムサラのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!