ガントク旅行・ガントク観光徹底ガイド

ガントク旅行・ガントク観光徹底ガイド


ガントク旅行・観光の見どころ・観光情報

ガントクはインド北東部の山岳地帯にあるシッキム州の州都。シッキム観光の目的はチベット文化を堪能することだが、ガントク自体はインド各地から人が集まっている都会で、チベット色は少ない。それでも市内の観光名所には、チベット仏教の博物館のチベット学研究所、ニンマ派の僧院エンチェイ・ゴンパなどがある。おすすめは24km離れた郊外にある、シッキム最大のチベット寺院のルムテクゴンパを訪れること。また、ガントクはシッキム各地への交通の基点となる町。ここからさらに奥地へ分け入ろう。ガントクでは、チベット料理のレストランに入りたい。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


ガントクの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
ヒンディー語、英語 INR 約14時間 約-3.5時間

ガントク旅行・観光の選び方

ガントクを基点にシッキムのみを周遊するツアーと、ダージリンも組み合わせたものがある

ガントクはシッキム州各地への基点となる州都。シッキムを中心に回る周遊ツアーのたいていは、中継地点となる西ベンガル州にあるダージリンの観光も含まれている。ダージリンでは世界遺産の登山鉄道であるトイトレインに乗ってみたい。ツアー期間は7〜10日間が一般的。同じチベット文化圏のブータンと組み合わせたツアーもある。ツアーでは、チベット僧院の観光以外にも、ヒマラヤの山々の眺望を堪能できる。しっかりガイド付きで観光する全食事付きのツアーが多いが、そこでは郷土料理のチベット料理やネパール料理も味わえる。(2016年9月編集部調べ)


ガントク観光のこだわりポイント

レストラン探しも不要全食事付き
慣れない土地でのレストラン探しは面倒だし、またインドは衛生的にも不安という方には、全食事付きのツアーが楽。名物料理も期待できる。
不便な土地は観光付きで終日観光付き
シッキム内の移動は公共交通機関の運行本数が少なく、周遊するにはなかなか大変。そんなとき、観光付きのツアーなら効率よくへんぴなところまで行くことができる。
チベット料理とネパール料理を伝統料理・名物料理
ガントクはチベット文化とネパール文化が混ざりあう土地。それぞれの料理を食べることができるので、楽しみだ。
展望台からヒマラヤの山々を大自然
タシ・ビューポイントやガネーシュ・ビューポイントなど、町の北にはヒマラヤの山々を望む展望台があり、晴れた日にはカンチェンジュンガ峰を望むことができる。

現地ガイド発!ガントクの観光最新情報

2015/05/19 大自然

昔の日本を思わせるのどかな景色に癒される! インドのシッキム州

ガントク旅行イメージ-昔の日本を思わせるのどかな景色に癒される! インドのシッキム州 昔の日本を思わせるのどかな景色に癒される! インドのシッキム州

シッキム、と聞いてイメージが浮かぶ人はどれぐらいいるのでしょう。ここはインド北東部、ネパールとブータンに挟まれた場所にある、インドで2番目に小さな州です。かつてはチベットから逃れてきた人々が作ったシッキム王国がありましたが、1975年にインドに併合されました。小さいながらも、標高は280mから8000m台までと差が激しく、変化に富んだ自然と独特の文化に触れられる場所。パーミット(許可証)がないと入れない州ですが、日本人は州境や周辺の主要都市などで無料で取得が可能です。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ガントク旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、ガントク観光情報が満載。
ガントク旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。