page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インド・ハンピ(ヴィジャヤナガル)・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

圧巻!ハンピの世界遺産を見てまわろう!


掲載日:2016/08/15 テーマ:世界遺産 行き先: インド / ハンピ(ヴィジャヤナガル)

タグ: 遺跡 世界遺産 絶景


岩と自然と遺跡のコラボレーション

世界遺産である「ハンピの建造物郡」の中でも最大級・最高傑作と言われるヴィッタラ寺院。ここは必見です! 世界遺産である「ハンピの建造物郡」の中でも最大級・最高傑作と言われるヴィッタラ寺院。ここは必見です!

インド南部のカルナータカ州にあるハンピは、大自然の中のあちらこちらに遺跡が点在する見所たっぷりのところです。巨岩や丘が連なり川が流れるハンピは、町というより村という様子で、とってものどか。そんなのどかな雰囲気のハンピですが、何とここは14世紀から16世紀にかけて栄えたヴィジャャナガル王国時代の首都。その為、当時に造られたすばらしい寺院や建物がそこここに残っています。「ハンピの建造物郡」として世界遺産にも登録されているこれらの遺跡が、なんといってもハンピの一番の見所です。

ハンピに残るヴィジャヤナガル王国の遺跡

ヴィッタラ寺院のすぐそばにあるキングスバランスという建造物。門のように見えますが、貢物を量る秤だったともいわれています ヴィッタラ寺院のすぐそばにあるキングスバランスという建造物。門のように見えますが、貢物を量る秤だったともいわれています

遺跡はハンピのあちらこちらに点在していますが、まず見るべきなのはハンピの中心地から少し離れたところにあるヴィッタラ寺院。ヴィジャヤナガル王朝が栄えていた16世紀に、クリシュナデーヴァラーヤという王により建てられたヒンドゥー教の寺院です。ハンピの地にあるいくつものヴィジャヤナガル王朝の遺跡の中でも、最大級の寺院だそう。ヴィッタラ寺院はハンピの中心地から約2キロほどのところにあるのですが、歩いていくと道中の景色も最高!ヴィッタラ寺院の手前にもいろいろと遺跡がありますよ。

上から下までの華麗な彫刻、そして音の鳴る柱!?

この石柱をバンバン叩いてみると…、なんと内部から音が!それぞれの柱で音階が違うのがまた驚き! この石柱をバンバン叩いてみると…、なんと内部から音が!それぞれの柱で音階が違うのがまた驚き!

ハンピにある数ある遺跡の中でも最高傑作と言われているヴィッタラ寺院、ヴィジャヤナガル王国の最盛期であった16世紀に贅を尽くして造られただけあって、寺院内にはたくさんの見所があります。まずは中心にある礼拝堂。柱や基盤には繊細かつダイナミックな彫刻がこれでもか!と施されており圧巻の一言!この礼拝堂の中には何本も細い石柱があるのですが、これは「音の鳴る柱」と言われているそう。音が鳴るってどういう意味でしょう?柱を叩きながら耳を当ててみると確かに内部で音が鳴るのが聞こえます…!しかもそれぞれの柱一本一本が違う音を奏でているので驚きました!

すばらしい彫刻の山車や塔門などなど

細かい彫刻の素晴らしさもさることながら、今にも動き出しそうな車輪のリアル感もすごいです! 細かい彫刻の素晴らしさもさることながら、今にも動き出しそうな車輪のリアル感もすごいです!

礼拝堂の外にもいろいろな建造物があります。もうひとつ必見なのは礼拝堂の前にあるガルダ堂と言う馬車のような物。これはヒンドゥー教の神であるガルダを祀っている山車なのだそうです。車輪や外壁の彫刻がすばらしく、石造りとは思えないほど!ヴィッタラ寺院内部は塔門や小堂などその他の建造物もすべて素晴らしい造りで、じっくり見ているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。ヴィジャヤナガル王国は、16世紀半ばにイスラーム勢力に滅ぼされるまでは「勝利の都」として栄えた大都市だったのだそう。その象徴的存在であるヴィッタラ寺院。ハンピへ行ったら必ず訪れてみていください。

関連情報

ハンピで一番の見所なだけあって、観光客もたくさん訪れていました!時間があるときはのんびりと徒歩で、急いでいる時は車などで向かうといいですね ハンピで一番の見所なだけあって、観光客もたくさん訪れていました!時間があるときはのんびりと徒歩で、急いでいる時は車などで向かうといいですね

■ヴィッタラ寺院(Vittala Temple)
アクセス:ハンピバザールから徒歩で30分。車と電気カートで行くこともできます。
時間:日の出から日没まで
料金:250ルピー(王宮地区、博物館などの入場料も含む)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/08/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索