ハリドワール駅近くの安宿事情

ハリドワールはガンジス川のあるヒンドゥー教の聖地です。私たち旅行者にとっては、ガンジス川を見るなら隣町のリシケシに行くことも多いかと思いますが、ハリドワールのガンジス川も一見の価値がありますよ。筆者はリシケシを出てハリドワール駅から長距離バスで移動だったので、ハリドワール駅近くに宿を探しました。しかし、駅前のメインロード沿いはけっこうな騒音で、誰でも入ってこれるような感じでセキュリティについても、安心出来ないような印象の所も多かったので、Shiv Murti Chowk(シヴ ムルティ チョウク)近くのJessa Ram Roadの安宿街で宿を探すことにしました。しかし、この通りは幅が狭く高い建物が多く、部屋に陽があたりにくいせいか、部屋がかびくさかったり、窓がなかったりと泊まりたい宿がなかなか見つかりませんでした。

「Hotel Rudraksh(ホテル ルドラクシェ)」客室。2017年11月筆者は650ルピー(約1170円)で宿泊しました。 「Hotel Rudraksh(ホテル ルドラクシェ)」客室。2017年11月筆者は650ルピー(約1170円)で宿泊しました。

2016年オープンの新築ホテル「Hotel Rudraksh」

そんな中「Hotel Rudraksh」は2016年オープンの全11室のホテルで清潔感もあり、部屋もバスルームも広々としていたので、早速ここに泊まることにしました。場所はJessa Ram Roadに入って数百メートルくらいの所で左の小道に入ります。シャワーのお湯は各部屋に電気湯沸かし器があるので、停電でなければ熱々のシャワーに入れます。シャワーの電気湯沸かし器のメインスイッチは、フロントにあるので、シャワーに入る前には、その旨伝えてくださいね。レストランは併設していませんが、通りにはローカルなレストランやチャイやさんが沢山あるので、不自由は感じないはずです。ホテルの入り口にCCカメラがあるのも良かったです。

少しわかりにくいですが、Jessa Ram Roadを歩きながら左の小道を見ると、この看板が見えますよ。 少しわかりにくいですが、Jessa Ram Roadを歩きながら左の小道を見ると、この看板が見えますよ。

サイクルリキシャで「ハリ・キ・パイリ」へ

ハリドワールに来たなら、外せない見所「ハリ・キ・パイリ」。こちらはガンジス川沿いにガートが整備されていて、沢山の巡礼客がインド中から訪れます。ホテル近くのメインロードの「シヴ ムルティ チョウク」からサイクルリキシャに乗って、早速訪れてみましょう。2017年11月現在では、駅あたりからハリ・キ・パイリまで二人乗って40ルピー(約80円)が相場で、一人で乗っても30ルピーから40ルピーでした。サイクルリキシャに乗る前は、値段交渉をして乗ってくださいね。ホテルに戻る時は「シヴ ムルティ チョウク」までと伝えればいいので、簡単です。外国人観光客はあまり見かけないハリドワールですが、是非楽しんでくださいね。

「ハリ・キ・パイリ」のにぎわい 「ハリ・キ・パイリ」のにぎわい