世界遺産「マナス野生動物保護区(マナス野生動物)」の詳細情報

インドの世界遺産・名所ガイド

Manas Wildlife Sanctuary

マナス野生動物保護区

名称:マナス野生動物保護区(インド
英語名称:Manas Wildlife Sanctuary
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1985年

多様な動植物の棲息する地域

マナス野生動物保護区は、インド北東部、ブータンと国境を接するヒマラヤ山脈のふもとにある。1928年に野生動物保護区に指定された。熱帯雨林、湿潤な草原、広葉樹林などが広がる自然環境のなかで、60種以上の哺乳類と約320種の鳥類の生息が確認されている。絶滅したとされていた世界最小のイノシシ「コビトイノシシ」、美しい毛を持つ猿「ゴールデンラングール」などの稀少動物も生息している。1973年にトラの保護区に指定され、1987年に国立公園となった。その後、独立を求める少数民族とインド政府の戦闘により動物が殺されるなどの事態が発生し、1992年に危機遺産リストに登録された。しかし、生育環境が改善され、2011年に除外された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!インドの世界遺産最新情報

2017/04/29 世界遺産

丘の上から絶景が見える。インドの世界遺産、チットールガル城塞 その1 メーワール王国の都

インド旅行イメージ-チットールガルの町から城塞のある丘を見る。そびえる丘の上に城の建物が チットールガルの町から城塞のある丘を見る。そびえる丘の上に城の建物が

インド北西部にあるラジャスタン州。この地はインドの中世にあたる10〜15世紀にかけては、ラージプートと呼ばれるヒンドゥー教徒の武士階級の氏族が小王国を数多く作り、それらが争うという、日本の戦国時代のような様相を見せていました。ラジャスタンの「ラジャ」とは「王」という意味で、多くの王たちがいた地方なのです。このラジャスタンより北のデリーがある平野部はアフガニスタンやイランからの異民族が侵入しやすく、いくつかのイスラーム系の王朝が建国されていました。しかし大河もなく、乾燥して起伏が激しい丘陵地帯が多いラジャスタンは、山城を作るにはもってこいの土地で、この広大な土地(日本の面積から九州を引いたほど)…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


インドの世界遺産「マナス野生動物保護区」についてご紹介します。マナス野生動物保護区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。