page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

インドの世界遺産・名所ガイド

Churches and Convents of Goa

ゴアの聖堂と修道院

名称:ゴアの聖堂と修道院(インド
英語名称:Churches and Convents of Goa
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1986年

ポルトガル支配時代のキリスト教建築

ゴア(オールド・ゴア)は、インドの西岸にある港町。1510年にポルトガルの植民地となり、20世紀までポルトガル領だったため、要塞化、キリスト教化が進み、リスボンを模したヨーロッパ風の街になった。イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルの訪問が、これに拍車をかけた。街に60にもおよぶルネサンス様式、バロック様式、マヌエル様式の聖堂、修道院が建設される一方、イスラム風建築やヒンドゥー教の寺院などは破壊されていった。世界遺産として楽しめるのは、街に残る10あまりの建造物群。いずれもキリスト教の布教活動を物語る遺跡だ。ルネサンス様式とバロック様式が融合した教会ボム・ジェズ・バシリカには、ザビエルの遺体が安置されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!インドの世界遺産最新情報

2017/11/23 世界遺産

タンジャーヴールの世界遺産、ブリハディーシュワラ寺院

インド旅行イメージ-ピラミッドのような構造の本堂が印象的なブリハディーシュワラ寺院。1987年に世界遺産に登録されています ピラミッドのような構造の本堂が印象的なブリハディーシュワラ寺院。1987年に世界遺産に登録されています

南インドのタミルナードゥ州には有名なヒンドゥー寺院や遺跡がある町がたくさんあり見どころには事欠きませんが、タンジャーヴールもそのうちの一つです。タンジャーヴールは9世紀から13世紀にかけて栄えたチョーラ朝の首都だったところ。この町を有名にしているのは、チョーラ朝が最盛期だった11世紀に造られたブリハディーシュワラ寺院。世界遺産にも登録されている巨大な寺院です。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


インドの世界遺産「ゴアの聖堂と修道院」についてご紹介します。ゴアの聖堂と修道院の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。