世界遺産「ゴアの聖堂と修道院(ゴアの聖堂)」の詳細情報

インドの世界遺産・名所ガイド

Churches and Convents of Goa

ゴアの聖堂と修道院

名称:ゴアの聖堂と修道院(インド
英語名称:Churches and Convents of Goa
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1986年

ポルトガル支配時代のキリスト教建築

ゴア(オールド・ゴア)は、インドの西岸にある港町。1510年にポルトガルの植民地となり、20世紀までポルトガル領だったため、要塞化、キリスト教化が進み、リスボンを模したヨーロッパ風の街になった。イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルの訪問が、これに拍車をかけた。街に60にもおよぶルネサンス様式、バロック様式、マヌエル様式の聖堂、修道院が建設される一方、イスラム風建築やヒンドゥー教の寺院などは破壊されていった。世界遺産として楽しめるのは、街に残る10あまりの建造物群。いずれもキリスト教の布教活動を物語る遺跡だ。ルネサンス様式とバロック様式が融合した教会ボム・ジェズ・バシリカには、ザビエルの遺体が安置されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!インドの世界遺産最新情報

2017/03/18 世界遺産

タージマハル訪問がいい思い出になるかどうかは、考え方次第ですよ! (その4)

インド旅行イメージ-ムハンマドくんが撮ると、人がいないかのように写ります ムハンマドくんが撮ると、人がいないかのように写ります

「タージマハル訪問」その3からの続きです。タージマハルには、「亡き愛妻に捧げる墓」という、建築王シャー・ジャハーンの夢の実現のために、文字どおり世界中から宝が集められました。当時の最先端の設計という技術はもちろん、莫大な費用と年月と労力(命)が注ぎ込まれた結晶が、タージマハルだったのです。この時の胸に迫る思いは、やはり本などの予備知識だけでは得られなかったでしょう。その場で生き生きとした説明を聞いてこその感動だったのではないかと思います。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


インドの世界遺産「ゴアの聖堂と修道院」についてご紹介します。ゴアの聖堂と修道院の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。