世界遺産「ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園(花の谷)」の詳細情報

インドの世界遺産・名所ガイド

Nanda Devi and Valley of Flowers National Parks

ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園

名称:ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園(インド
英語名称:Nanda Devi and Valley of Flowers National Parks
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1988・2005年

希少な動植物が棲息する山岳地帯

「ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園」は、氷河や氷原に覆われた山岳地帯だ。インド北部の西ヒマラヤに高くそびえるナンダ・デヴィ山は、標高7,816mでインド第2の高峰。女神ナンダが住むヒンドゥー教の聖地とされている。森には針葉樹やシャクナゲが生い茂り、絶滅危惧種のユキヒョウや減少が危惧されているツキノワグマ、ジャコウジカなど、貴重な動物が生息している。ヒマラヤ本来の自然が残る場所として1988年に登録されたが、自然を守るため入山は制限されている。2005年、追加登録された花の谷国立公園には、数多くの稀少な高山植物が生育している。雪解け水に恵まれた谷には花畑が広がり、稀少種の高山植物など600種類もの花が咲き乱れる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!インドの世界遺産最新情報

2016/09/19 世界遺産

インドの世界遺産 アグラ郊外にあるケオラデオ・ガーナ国立公園へ行ってみよう・後編

インド旅行イメージ-インド人バードウォッチャーにも大人気の国立公園 インド人バードウォッチャーにも大人気の国立公園

インドのケオラデオ・ガーナ国立公園の続きです。入園料は外国人料金で500ルピー(約1000円)。入り口にはガイドが待機していて、雇うことを勧めてきます。ガイド料も決められていて、1時間150ルピー(約300円)。インド人の家族連れは、ガイドを雇わずにサイクルリクシャーだけ頼んで回っています。サイクルリクシャーの運転手もどのあたりにどんな鳥がいるか知っているので、それでも大丈夫なのでしょう。ただし、英語が通じるかというと微妙なところなので、きちんと観光がしたい人はガイドを雇うのもいいかと思います。私は初めてなので、試しにガイドをつけてみるとこにしました。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


インドの世界遺産「ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園」についてご紹介します。ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。