世界遺産「ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園(花の谷)」の詳細情報

インドの世界遺産・名所ガイド

Nanda Devi and Valley of Flowers National Parks

ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園

名称:ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園(インド
英語名称:Nanda Devi and Valley of Flowers National Parks
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1988・2005年

希少な動植物が棲息する山岳地帯

「ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園」は、氷河や氷原に覆われた山岳地帯だ。インド北部の西ヒマラヤに高くそびえるナンダ・デヴィ山は、標高7,816mでインド第2の高峰。女神ナンダが住むヒンドゥー教の聖地とされている。森には針葉樹やシャクナゲが生い茂り、絶滅危惧種のユキヒョウや減少が危惧されているツキノワグマ、ジャコウジカなど、貴重な動物が生息している。ヒマラヤ本来の自然が残る場所として1988年に登録されたが、自然を守るため入山は制限されている。2005年、追加登録された花の谷国立公園には、数多くの稀少な高山植物が生育している。雪解け水に恵まれた谷には花畑が広がり、稀少種の高山植物など600種類もの花が咲き乱れる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!インドの世界遺産最新情報

2017/11/23 世界遺産

タンジャーヴールの世界遺産、ブリハディーシュワラ寺院

インド旅行イメージ-ピラミッドのような構造の本堂が印象的なブリハディーシュワラ寺院。1987年に世界遺産に登録されています ピラミッドのような構造の本堂が印象的なブリハディーシュワラ寺院。1987年に世界遺産に登録されています

南インドのタミルナードゥ州には有名なヒンドゥー寺院や遺跡がある町がたくさんあり見どころには事欠きませんが、タンジャーヴールもそのうちの一つです。タンジャーヴールは9世紀から13世紀にかけて栄えたチョーラ朝の首都だったところ。この町を有名にしているのは、チョーラ朝が最盛期だった11世紀に造られたブリハディーシュワラ寺院。世界遺産にも登録されている巨大な寺院です。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


インドの世界遺産「ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園」についてご紹介します。ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。