世界遺産「インドの山岳鉄道群(インドの山岳鉄道)」の詳細情報

インドの世界遺産・名所ガイド

Mountain Railways of India

インドの山岳鉄道群

名称:インドの山岳鉄道群(インド
英語名称:Mountain Railways of India
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1999・2005・2008年

植民地化を勧める英により敷設が開始された鉄道

1999年に登録されたダージリン・ヒマラヤ鉄道、2005年、2008年にそれぞれ追加登録されたニルギリ鉄道、カールカ=シムラー鉄道を合わせて、世界遺産「インドの山岳鉄道群」となっている。ダージリン・ヒマラヤ鉄道は、世界最古の山岳鉄道で、レール幅がわずか61cmしかなく、「トイ・トレイン」の愛称を持つ。ニルギリ鉄道は、インド最後の蒸気機関車鉄道の一つ。カールカ=シムラー鉄道は単線鉄道。いずれも初期の山岳鉄道の面影を残す貴重な遺産だ。これらの山岳鉄道は19世紀後半から20世紀初頭にかけ、イギリス植民地下のインドで、山岳地帯と都会を結ぶために建設された。紅茶の輸出や避暑地への移動を目的としたが、インド独立後の鉄道事業に大きな影響を与えた。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!インドの世界遺産最新情報

2017/03/18 世界遺産

タージマハル訪問がいい思い出になるかどうかは、考え方次第ですよ! (その4)

インド旅行イメージ-ムハンマドくんが撮ると、人がいないかのように写ります ムハンマドくんが撮ると、人がいないかのように写ります

「タージマハル訪問」その3からの続きです。タージマハルには、「亡き愛妻に捧げる墓」という、建築王シャー・ジャハーンの夢の実現のために、文字どおり世界中から宝が集められました。当時の最先端の設計という技術はもちろん、莫大な費用と年月と労力(命)が注ぎ込まれた結晶が、タージマハルだったのです。この時の胸に迫る思いは、やはり本などの予備知識だけでは得られなかったでしょう。その場で生き生きとした説明を聞いてこその感動だったのではないかと思います。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


インドの世界遺産「インドの山岳鉄道群」についてご紹介します。インドの山岳鉄道群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。