ハイデラバード旅行・ハイデラバード観光徹底ガイド

ハイデラバード旅行・ハイデラバード観光徹底ガイド


ハイデラバード旅行・観光の見どころ・観光情報

デカン高原の中央に位置するハイデラバードは、テランガーナ州とアーンドラ・プラデーシュ州の両方の州都。英領インド時代にはハイデラバード藩王国の都として大いに栄え、近年もIT産業を中心に経済発展し、現在はインド第4位の人口680万人を擁する大都市にまで発展した。市部は広く、ハイデラバードとそのすぐ北にあるスィカンダラーバードからなるツインシティから成っている。ただし、観光名所はすべてハイデラバード側。特に町のシンボルで4本の尖塔が建つチャール・ミナールが旧市街にある。しかし観光の一番のおすすめは、郊外にあるゴールコンダ・フォートだ。周囲を3kmにわたる城壁に囲まれたこの城は、規模が大きく見応えがある。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


ハイデラバードの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
テルグ語、英語 INR 約14時間 約-3.5時間

ハイデラバード旅行・観光の選び方

南インド北部を周遊するツアーや、周辺の仏跡と巡るツアーなどを利用する

ハイデラバードを含むツアーは、ここを基点に世界遺産のハンピやパッタダカル、ゴアなど、南インドの北部を巡る、ツアー期間が8日間程度の周遊ツアーが多い。変わったところでは、南インドでの仏教の中心だったナーガルジュナコンダの遺跡やアマラバーティなどとともに訪れるツアーもある。ハイデラーバードはまた、日本人駐在員も訪れるような都市なので、飛行機とホテルのみのフリープランを利用して訪れることもできる。料理では、肉や野菜の炊き込み御飯のビリヤニが有名。旧市街があるチャール・ミナール周辺はイスラム教徒のためのレストランも多く、本格的なハイデラバード風ビリヤニも食べられる。(2016年9月編集部調べ)


ハイデラバード観光のこだわりポイント

名物のビリヤニを伝統料理・名物料理
ハイデラバードというと、町の名を冠した「ハイデラバーディ・ビリヤニ」が有名。マトンなどの肉が入ったカレー味の炊き込み御飯だ。
面倒な手配もいらない終日観光付き
周遊型ツアーではたいていすべての観光が付いている。短い時間で効率よく回るのならやはり観光付きのツアーが楽で、まちがいが少ない。
インドの山城の代表遺跡
数km四方に渡って城壁が取り囲むゴールコンダ・フォートは、インドの名城のひとつ。近くにはこの城を築いた「王たちの廟」もある。
夜行寝台でインドの大地を鉄道の旅
たいていのツアーで組み合わせになっているハンピのそばには空港がないので、ハイデラバードから列車の夜行寝台を利用して移動することが多い。

現地ガイド発!ハイデラバードの観光最新情報

2014/05/18 観光地・名所

ハイデラバードぶらぶら歩き!(その1:建築編)

ハイデラバード旅行イメージ-ハイデラバードぶらぶら歩き!(その1:建築編) ハイデラバードぶらぶら歩き!(その1:建築編)

ハイデラバードはアーンドラ・プラデーシュ州の州都。一般に「南インド」と呼ばれるインド亜大陸南端の4州のうちの一つです。16世紀の末にゴールコンダ王国の首都に定められて以降、歴史に大きくその名を刻み始めます。一時期はムガル帝国の版図に入ったりもしましたが、英領時代にインド最大の藩王国の都としてその名を轟かせていました。約400年にわたってイスラーム教徒の支配下にあったため、南インドにしては珍しくイスラーム色が色濃く感じられます。続きを見る



ハイデラバード人気の旅行


最安料金万円


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ハイデラバード旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、ハイデラバード観光情報が満載。
ハイデラバード旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。