兄弟で切り盛りするジャイプールの老舗ショップ

「Royal Spices And Tea shop」は、王族の子孫である今のオーナー兄弟の祖父が始め、約60年ほど続いている紅茶、スパイスの専門店です。ラジャスタン州に6支店ある「Royal Spices And Tea shop」ですが、今回紹介するのはジャイプール店です。オーナーはたくさんの商品を、まるで俳優のように情緒たっぷりに、楽しそうに紹介していきます。商品に自信があり、この仕事が好きでたまらないオーラが出ていました。この前編では紅茶について、後編ではスパイスについて紹介します。

「Royal Spices And Tea shop」のオーナー兄弟 「Royal Spices And Tea shop」のオーナー兄弟

紅茶はマサラティーとフレーバーティーがオススメ

まずは、自社農園で採れた、オーガニックのスパイスを配合したマサラティーがオススメとのことで、試飲させていただきました。さっぱりとして、飲みやすく、美味しかったです。またフレーバーティーは、ダージリンティーに、フレーバーを加え、お店のオリジナル感あふれるものを作っていますとのことでした。その中には、シナモンティー、レモンティー、バニラティーなど、また近郊のバラの産地であるプシュカル産のオーガニックのバラを使ったローズティーやミントティーがありました。

「Royal Spices And Tea shop」外観 「Royal Spices And Tea shop」外観

カフェインを含まないナチュラルなティーも魅力

筆者が「何かスペシャルなティーは?」と聞くと、「ヒマラヤンカワ」という答えが返ってきました。「ヒマラヤンカワ」は、グリーンカルダモン、サフロン、スティックシナモンを煮出して作る、カフェイン無しのハーブティーです。古代、ヒマラヤに住んでいた聖人などが、飲んでいたそうで、味はまろやかで、風味が良く、香りのコンビネーションが絶妙でした。この3種類が入ったものがパックで売られていますが、パックのはグリーンカルダモンの色が少し良くなかったので、単品で別々に購入しました。また、ここでは、試飲でも、カップになみなみと注いだものを出してくれるので、他にもいくつかテイストしたいなら、最初から少しだけ飲む旨を伝えておくといいですよ。ジャイプールでスパイスとティーのショッピングなら「Royal Spice and Tea shop」へ! 後編に続きます。