旅行口コミサイトで高評価

「ジャイプールでスパイスとティーのショッピングならRoyal Spice and Tea shopへ(前編)」からの続きです。こちらの後編では、スパイスについて紹介します。「Royal Spice and Tea shop」では、自社農園で採れたクオリティーの高いオーガニックスパイスを、数多く取り揃えています。ラジャスタン州で、一番暑く一番寒い(気温差は約50度!)と言われる「チュル」という町に、自社農園はあります。この農園に、お客さんのヨガティーチャーであるアメリカ人を連れて行ったところ、旅行口コミサイトにお店を登録することを勧められて、手伝ってもらい登録したところ、一気にお客さんが増えたとのことでした。

「Royal Spices And Tea shop」オーナー兄弟 「Royal Spices And Tea shop」オーナー兄弟

クオリティーが高いオーガニックスパイス

おみやげには、16種類のスパイスを調合して作られた「ガラムマサラ」がおすすめです。こちらは、普通の日本のカレーが出来上がった後に、ほんのひとつまみ加えて混ぜるだけで、香り高いカレーに変身します。
チャイ好きの方には、6種類のスパイスをブレンドした「ティースパイス」もおすすめです。こちらもチャイを作った後に、ひとつまみ入れて混ぜるだけです。
標高の高いウダイプル近郊の町で採れたグリーンカルダモンは、半分に割ってつぶしたものを牛乳に入れて、沸騰させると、高貴な香りの牛乳になります!また、チャイを煮出す時にも重宝します。その他には、インドでは、就寝前にホットミルクを飲むとよく眠れると言われています。筆者も毎晩飲んでいるのですが、牛乳にターメリック小さじ半分弱を入れて飲むのがインド流です。

「Royal Spices And Tea shop」外観 「Royal Spices And Tea shop」外観

定価販売ではないジャイプールの慣習

オーナーのエンターテイメント感あふれる商品説明も素晴らしいですし、実際の商品も良いのですが、ひとつだけ難点は、定価販売ではないことです。ここのお店だけでなく、ジャイプールの個人店ではよくあることなのですが、このお店もお客さんを連れてきたタクシードライバー、オートリキシャドライバーに、売り上げによりキックバックしているんですね。ですので、一点ずつ値段を聞きながら、納得して購入してくださいね。私は高いので買わないという態度でいたら、半額まで値段が下がりました。私は友人とオートリキシャで訪れたのですが、私たちがこの店まで行くと言い、オートリキシャのドライバーに知っている所に連れて行ってもらったわけではないのに、何故かドライバーに手数料が支払われていました。

配車アプリの「Ola」か「Uber」で行ければベスト

ジャイプールにある個人店とドライバーの間で、このような慣習が行われていることに関しての是非は述べません。しかしながら、実情を知っていると、的確な値段でショッピングが出来ると思います。キックバックを避けるのに、一番良いのは、配車アプリの「Ola」か「Uber」を利用してお店に行くことです。そして、ショッピングが終わったら、また新たに車を呼べば、キックバックは発生しません。この点を除いては、オーナーのパフォーマンスや商品の質も良いので、お買い物を楽しんでくださいね。