エスニック好き女子必見、ラジャスタン州特産雑貨

エスニック好き女子なら、ラジャスタン州特産の雑貨はきっとたまらないはず! 今回は現地ラジャスタン州で、私たち日本人女子好みのどんな雑貨が売られているか、ご紹介します! 自分好みのラジャスタン州特産の雑貨を現地で是非見つけてみてくださいね。あなたのお部屋の雰囲気が、一気におしゃれ感がアップすること間違いなしですよ!

海外でのインド雑貨、ラジャスタン州特産ご紹介! 海外でのインド雑貨、ラジャスタン州特産ご紹介!

エスニック感満載のミラーワーク使い雑貨

ミラーワーク使いの雑貨は、素敵なものがいっぱいあります。ミラーワークと言っても本当のミラーは入っていなく、プラスチックのミラー仕様のものが使われています。布に上にミラーワークを縫い付けて機械刺繍などを施しています。バッグは大きさにもよりますが、200ルピー(約366円)くらいからあり、日本で買うよりもかなりリーズナブルな値段で買えますのでオトク感があります。タペストリー、敷物、クッションカバーなどは、エスニック感のあるお部屋の演出をしたい人にピッタリですよ。

魅力の陶器ブルーポッタリー

ブルーポッタリーは、ジャイプール近郊の伝統工芸品で、主にブルーカラーをメインとした陶器のシリーズのことをそう呼んでいます。お花、葉っぱ、動物、鳥などの自然由来のものをモチーフに多用し、陶器の色はブルーの他にも黄色、緑なども使われます。陶器の種類は、小物入れ、コーヒーカップ、卓上引き出し、灰皿、お香たて、花瓶などさまざまなものを取り扱っています。

動物がいっぱいくっついているビーズひも

現地で「ハンギング」と呼ばれている吊り下げるタイプの雑貨も、エスニック感満載です。ひものような形状で長さは1メートルくらいあり、ドアの入り口などに左右に吊るします。ひもはビーズなどで作られていて、何十センチ毎に、動物がいくつもくっついています。動物には、ラクダ、象、孔雀などがあります。値段は仕様にもよりますが、50ルピー(約90円)程度なので、自分用にもお土産用にも重宝しますよ。