page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インド・コルカタ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

コルカタの街見学は、人力車とトラムでGO!


掲載日:2008/05/16 テーマ:観光地・名所 行き先: インド / コルカタ

タグ: 珍しい 鉄道


あまりにもインド的な喧騒の街、コルカタ

こちらがコルカタ名物「人力車」。結構大きいので乗るとその高さにびっくり こちらがコルカタ名物「人力車」。結構大きいので乗るとその高さにびっくり

インド東部の西ベンガル州の州都コルカタ。デリー・ムンバイ・チェンナイとともにインドの4大都市として数えられています。人口1200万を超える大都市なのですが、コルカタの魅力は何といっても街にあふれるその喧騒感! とにかくどこへ行っても人・車・牛(!?)の波・なみ・ナミ…。路上にはあらゆるものを売る露店が途切れることなく並んでいます。混沌としたエネルギーで満ち溢れるコルカタは、街そのものが最大の見所。ここでは、そんなコルカタの街を楽しめる、コルカタならではの「乗り物」を二つご紹介します。

今でも市民の重要な足、人力車

車もバスもなんのその!スイスイ入っていきますよ〜 車もバスもなんのその!スイスイ入っていきますよ〜

まずは「人力車」。現地ではリキシャーと呼ばれています。人が引く正真正銘の「人力車」はインドでもコルカタだけ。メーターなどはもちろんないので、乗車前に料金交渉をすることになりますが、目安は1キロ約10ルピーから20ルピー(30円から60円)。あるいは「ただ乗りたいから30分ほどそこらへんを流して」とお願いすることもできます。人力車と思ってあなどるなかれ、スピードは結構速く、細い道も大きい道もスルスルーと入っていきます。乗車するとずいぶん高い位置から街を眺められるので、街見物には最適です!

市内をガタコトと走ってゆく「トラム」

路線はちょっと複雑なので、エスプラネードあるいはBBDバーグのターミナルから乗るとわかりやすいです 路線はちょっと複雑なので、エスプラネードあるいはBBDバーグのターミナルから乗るとわかりやすいです

そしてもう一つのコルカタならではの乗り物は「トラム」。路面を走る市電です。市内をガタコトと走る様子がなんともレトロで可愛らしい! 2両編成の前車両が1等、後車両が2等となっており、料金は3.5ルピーから4ルピー(約10円から12円)。乗り込むと車掌さんがやってくるので、目的地を伝えて料金を払います。私も乗りこんでみたところ、車掌さんが「日本人かぁ〜! じゃタダでいいや」とタダ乗りをさせてくれちゃいました! 都市にもかかわらずこの人情感! それがコルカタの最大の魅力かもしれませんね。

コルカタ名物も、もうすぐなくなってしまうかも…

トラム車両の中はこんな感じ。観光客にとっても楽しい交通機関です! トラム車両の中はこんな感じ。観光客にとっても楽しい交通機関です!

インド広しと言えど、人力車とトラムに乗れるのはここコルカタだけ。観光客にとっては非日常体験な人力車、ここコルカタでは市民の足として普通に使われているのがいいですよね〜。しかし悲しいことに人力車の新規ライセンスはもう発行されておらず、今後は消えゆく運命となっています。トラムはまだまだ活躍中ですが、渋滞をひき起こす原因だと廃止を求める声もあるそうです。となると楽しめるのは今しかない! コルカタでの人力車とトラム体験、今のうちにおすすめいたします!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索