あなたにとってイケメンが多い国とは?

かっこいい男性が多い国といえば、皆さんはどこを思い浮かべるでしょうか? 金髪で背が高い北ヨーロッパの男性は素敵ですし、アラブ人の血が混じった南ヨーロッパの濃い顔の男性も捨てがたいです。それを言えばトルコでだって時にドッキリするようなハンサム君も見かけますし、好みと出会った人の印象によって、きっとさまざまな国が候補に挙がることでしょう。そんな中、今回ご紹介するのはインドのラダック地方。ここではいったいどんなイケメンが見られるのでしょうか?

知る人ぞ知るイケメンの宝庫。インドの秘境ラダック地方 知る人ぞ知るイケメンの宝庫。インドの秘境ラダック地方

東方と西方の血が混じったラダックの人々

ラダック地方はインドの最北部にあり、中国やパキスタンと国境を接する標高3000mを超える高地です。古来チベット文化圏の一部で、チベット語に似たラダック語を話し、チベット仏教を信じる人が約半数を占めます。チベット人はそもそもイケメンが多いのですが、チベット文化の中心から外れた辺鄙な場所であったラダックでは、人の顔がチベット人とは少し違います。完全なモンゴロイドではなく、アーリア系が混じった整った顔をしているのです。混血は美しい人々を作りだす、という法則がここでも生きているのでしょうか。色はチベット人より浅黒く、そのため男性は特に精悍に見えます。

イケメン観察が楽しい場所!?

忘れもしないのは、初めてラダックへ行ったときに、空港から乗ったタクシーを運転していた若者。非常に整った顔をしていて、思わず見とれてしまった記憶があります。また、現地へ通ううちに男性の友達が幾人かでき、写真をSNSにアップすると、ほかの日本人から「イケメンに囲まれてうらやましい」というコメントをもらったりもします(笑)。言われてみると確かに「どうしようもない顔の人」率も少ないように思えます。イケメン好きにとってはきっと観察が楽しい場所でしょう。

口説かれる日本人女性

穏やかな性格、英語を話す人が多いこと、観光業が盛んで外国人も多く訪れること、秘境といわれる神秘的な場所であること。これらの要因からか、ラダック人男性と恋に落ちる女性旅行者も少なからずいるようです。彼らは最近の日本人男性と異なり、肉食系が多い印象を受けます。つまり恋愛に積極的。知り合いのとある女性は、ラダック旅行時に出会ったガイドさんに「僕のお嫁さんにならない?」と言われ、帰国後もメールが来るそうです。また別の女性はラダック人男性から口説かれましたが、迷った末に断ったところ、彼にはヨーロッパ人の彼女がいたのがわかったとのこと。こんなこともあるので女性はちょっと慎重に。イケメンに口説かれたからといって、舞い上がってはいけないのです。