憧れの海外トレッキング、すぐにでも行ける!?

少し前ですが「山ガール」という言葉をよく耳にしました。2013年には富士山が世界遺産に登録されたりしたこともあって、山ブームが続いている感じのする今日この頃。登山をするようになると、手軽に行ける日本の山もいいけれど、いつか外国の山にもチャレンジしてみたい、と思う人も多いはずです。山のスケールや気候風土、そこに住む人々の文化も日本とは大きく異なる外国の山は、新鮮な魅力と感動でいっぱい。でも、いつか登山技術が上達したら…などと思っていたら、なかなか行くことはできません。そこは心配ご無用、外国には、日本よりも比較的簡単に山歩きが楽しめる場所があるのです。

リュックひとつで手軽に本格トレッキング!インドの山奥を歩く その1 リュックひとつで手軽に本格トレッキング!インドの山奥を歩く その1

意外に知られていないインドのトレッキング

そんな場所のひとつが、今回私が訪れたインド北部のラダック地方。ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈にはさまれたこのエリアには、雄大な自然を楽しむためのトレッキングコースが数多くあります。中心都市のレーで旅行会社に頼めば、すぐにガイドと馬、コックさんを手配してくれます。そう、ラダックでのトレッキングは、馬やロバに荷物を運んでもらえるのです。つまり、重い荷物をすべて持ってやる日本の登山よりは、ずっと簡単だということ。インドの山はネパールほど知られていないためか、ラダックでトレッキングをするのはほぼ西洋人ですが、ぜひ多くの日本人にそのすばらしさを味わってもらいたいものです。

ラダックのおもなトレッキングコース

レーに到着すると、私と友人は早速旅行会社で情報収集を開始。1週間程度のトレッキングコースについて、おもなルートをいくつか教えてもらいました。レーに近いマルカ谷のトレッキングは比較的簡単で、あまり体力のない年配者でも大丈夫とのこと。また、最近人気なのはルプシュの村を出発して、ツォ・カルやツォ・モリリなどの湖へ向かうコース。こちらは平均標高が4000mを超えるため、完全に高度順応できないと厳しい中級コースです。そしてラダックのなかでも山深い秘境とされるザンスカール地方へ向かう中級コース。もともと行きたかったのはザンスカールでしたが、他のトレッキングに比べて値段が高いため、別のコースにしようかと悩んでしまいました。

安くするにはコツがあった

他に仲間を募って安くあげるか、もしくは別のコースに行くか……。こう悩む私たちに、知恵を貸してくれた人がいました。ザンスカールのトレッキングは、終了地点がレーから遠いため、戻る際の車のチャーター代が高いのだそうです。そこで帰りの車は含まない設定にしてもらうと、1人あたり5万円弱まで下がったのです。良心的な旅行会社ということもあったのでしょう。この金額なら、ということで、2人だけで7泊8日のザンスカールトレッキングへ行くことを決めました。出発までの4日間、他のツアーに参加するなどして高地に体を慣らし、登山用具を買い足して備えました。(リュックひとつで手軽に本格トレッキング!インドの山奥を歩く その2 に続く)