飛行機内で突然の体調不良!それは……

旅行中の体調は万全でありたいもの。私は旅好きですが体が弱いので、とくに健康には注意しています。それでも旅先で病気にかかってしまったことが何度もありますが、今まででもっとも急激な苦しみに襲われた経験は、旅行から帰る飛行機の中でのことでした。20年近く前、インド、ムンバイからデリー経由で日本へ戻る夜のフライトで、まったく突然に、激烈な頭痛が始まったのです。

旅先の飛行機で急激な頭痛に苦しんだ情けない経験 旅先の飛行機で急激な頭痛に苦しんだ情けない経験

「お酒には強いはずなのに」とまどうほどの痛み

痛みがじわじわ来るのではなくてガツンと殴られたような頭の衝撃に、苦しむよりもまず私は慌ててしまいました。「どうしてこんなことに?!」いろいろ考えましたが、原因はどうも、私が手に持っている赤ワインのようです……一口飲んだとたんにこうなったからです。私はアルコールには強いほうですが、昔から飛行機の中で飲酒はしません。このエピソード当時はとくにハードな旅をすることが多く、とても機内でお酒を飲むようなリラックスした気持ちにならなかったからです。しかし、痛みは結局日本に着くまで収まることなく続きました。それ以来、飛行機内でお酒を飲むことがさらに怖くなってしまいました。

着陸時に強い痛みが来る症例が多し

頭痛の原因というのは、通常の場合(という言い方も変ですが)でも特定が極めて難しいものです。ためしに「飛行機」「頭痛」という単語で検索してみると、いくらでもヒットします。特に多い症状は「着陸時に高度が下がってくると強い頭痛が起こる」というものです。これは一般的に「飛行機頭痛」と呼ばれる症状で、気圧の変化に体がついていかないことが原因。私の場合、水平飛行中でしたからちがうようです。

思えば体調最悪だったインド旅行

検索に「アルコール」とか「酒」という単語を追加してみると、やはり飛行機頭痛の要因としてアルコールも挙げられていました。ふだんの生活ではお酒に強い人でも、気圧の低い機内で同じ調子で飲むのは危険とのこと。そのときの体調に非常に左右されやすいそうです。あとから思い返してみると、私はそのときひどく風邪を引き、終盤には猛烈な下痢に苦しんだあとだったのです。「やっと帰れる」と思って気が緩み、ふだんは飲まない機内でのお酒を飲んでしまったのが失敗でした。

「飛行機頭痛」に苦しむ人は多いんですね

この原稿を書くにあたって、飛行機頭痛について友達にも尋ねてみました。やはり「着陸時にひどい頭痛が起こったことがある」という人や、「頭痛はないけどふだんより酔いが回りやすい」という人がいました。当たり前のことですが、飛行機が飛んでいるのは地上からはるか10000mの空の上。いくら与圧しているといっても、富士山の5合目と同じ程度の気圧しかありません。私の頭痛の場合は帰りだったからまだしも、行きの飛行機で起こってしまったら、旅への不安も倍増だったことでしょう。飲める人も要注意ですよ。