Jetairwaysのホームページから購入

「インドの国内線航空券を賢く手に入れるいい話って!?」前編からの続きです。Makemytripのサイトからは、インドの携帯番号がないため、購入できなかったので、自分が購入しようと思っていたJetairwaysのホームページにアクセスしてみました。そうすると、Makemytripでの購入価格とほぼ一緒でしたので、ここから購入することに決定しました。Jetairwaysは、便も多く、フライトも時間通りに飛ぶことが多いですし、往復割引もあるため、オススメです。

出発日を一ヶ月切ると一日の中でも値段変動あり

以前、Jetairwaysのホームページから買うと割高だという話をネットで読んだことがありました。ですのでJetairwaysとmakemytripでの販売価格を比較したところ、ほぼ同じでしたので、筆者は早速購入したんです。と言うのは、この日の前日にチェックした値段から、当日の午前中の値段は既に1000ルピー近くあがっていて、午後になると更に数百ルピーもあがっていたからです。

クレジットカード決済では、引き落とし円貨建てが明記

入力も一般的なことだけで、日本の住所、氏名、電話番号などを記入し、クレジットカードでの支払いを選択しました。その際、引き落とし金額は今日の為替レートで計算すると○○円で、または引き落とし時のレートで計算するか、どちらかを選択するようになっていて、私は、今日の為替レートでの円で金額を確定させました。そのほうが、なんとなく安心ですものね。

トップページの国旗はインド?日本?

なんとなく、トップページの右上部分を見ると、国と言語を選択する部分が、インドの国旗になっていました。そして、ここに日本と言う選択もあったので、日本に変えてみて、もう一度見てみることにしました。言語は日本語の選択はないので、英語のままです。同じ日付を選択して見てみますと、まず、一番安いクラスの席エコノミーDealはもうなくて、エコノミーSaverというクラスしか空いていませんでした。私がつい直前に見たのはインドのページで、一番安いクラスの席エコノミーDeal席でこちらを購入したんです。インドのページのほうがエコノミーDeal席の割り当てが多かったのでは?と推測しています。ですので、Jetairwaysで購入する時は、トップページの右上の国旗をインドにして、見るのも良いと思います。トップページの国旗がインドの状態での購入でも、住所や携帯番号はきちんと日本のが入力できました。インド国内線の購入は一ヶ月前までに、こんな方法を使ってトライするとお得に買えます!