2つの空港があるムンバイ

ムンバイには2つの空港があり、1つは「チャトラパティ シヴァジ」国際空港で、すべての国際線とメインの国内線ジェットエアウェイズJetairwaysなどが発着します。また、こちらはターミナル2(T2)であり、通常、チケットにも発着するターミナル番号が表記してあります。もう1つの国内線ターミナルは、4キロほど離れた場所にあり、こちらはターミナル1(T1)です。デリーでは、国際空港がT3(ティースリーと発音)という名で通っており、旅行会社にもドライバーにも、「ティースリー」までという形で理解されます。しかし、ムンバイでは、T2と言うのは通称になっていないようで、「フライトはジャイプール行くからドメスティックなんだけど、Jetairwaysだから、T2に行ってください。」と言ったら、到着したのは、なんと国内線ターミナルだったんです!

「インターナショナル」か「ドメスティック」がベスト!

国内線のJetairwaysは、「チャトラパティ シヴァジ」国際空港に発着しますので、ただシンプルに「インターナショナルエアポート」と言ってくださいね。ドライバーさんに関係あるのは、空港が「インターナショナル」か「ドメスティック」かってことです!さて、国内線ターミナルに着いた私は、ドライバーさんにトローリーを持ってきてもらい、荷物を載せてもらい、チップを渡し、ドライバーさんが走り出そうとしたその時に、あー、この空港じゃない!って気がつきました。。。そして、国内線空港の係員は、私のチケットを見て「Jetairwaysはアンデリからの発着だよ、ここはサンタクルズだから。」と。そこで、ムンバイではT2とかのターミナル名ではなく、地名で通ってるんだ!と私は理解しました。そう。ドライバーさんはジャイプールへ行く「ドメスティック」に反応し、「T2」には反応しなかったんですね。

約4キロ離れたサンタクルズにある国内線ターミナル

帰ろうとしていたドライバーさんにまた荷物を積んでもらい、「じゃ、インターナショナルまでよろしくね。」とだけ言って余裕で乗り込む私に、ドライバーさんは不安そうな顔。宿泊していたホテルでこのタクシー料金を支払い済みなので、ドライバーさんは、ここから先は、お金をもらえるのだろうか?という不安の顔です。とにかく、ここは、目的地に向かうのを優先させ、約20分でインターナショナル空港へ到着しました。昨日、乗ったolaがこのくらいの距離で150ルピーだったから、ま、200ルピーあげれば大丈夫かなと思い、ドライバーさんに200ルピー渡すと、嬉しそう!私が「インターナショナル」と言えば間違わなかったわけでと思い、気分良くインドを出国しました。皆さんは、私のような間違いをしないようにしてくださいね!