page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

観光スポット「聖地ラジギール」の旅行情報

聖地ラジギール

名称:聖地ラジギール(インド/パトナ
ジャンル:観光スポット

ブッダの時代に、ガンジス川中流域随一の強国マガダの首都ラージャグリハがあったところ。都の跡は周囲を5つの山に囲まれた盆地に残されているが、草と潅木に覆われて見るかげもない。出家したブッダが修行に入ったパンダヴァ山、晩年、多くの説法をして過ごしたギリジャークーター山が、仏教の聖地とされている。ここはまた、ジャイナ教の開祖マハーヴィーラの修行した地としても知られ、ジャイナ教の聖地ともなっている。そのほか、マガダ国のビンビサーラ王がブッダの教団に寄進したといわれる竹林精舎跡も残っている。日本山妙法寺もここにある。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!パトナの観光スポット最新情報

2019/05/30 観光地・名所

インドの観光地(2019最新事情)/仏教の8大聖地のひとつ、ヴァイシャリーとは?

パトナ旅行イメージ-ヴァイシャリーにあるアショーカ王の石柱とストゥーパ(仏塔) ヴァイシャリーにあるアショーカ王の石柱とストゥーパ(仏塔)

「仏教の8大聖地」と言われている場所があります。これは「4大仏跡」と言われているブッダゆかりの地(ルンビニ、ブッダガヤ、サールナート、クシナガル)に、サヘートマヘート、サーンカシャ、ラージギル、そして今回紹介するヴァイシャリーなどの仏跡を加えたものです。ルンビニ以外はすべてインドにあり、仏跡巡りのツアーなどではよく訪れる場所ですね。ヴァイシャリーは、仏典では「毘舎離(びしゃり)」と呼ばれ、古代インド十六国のひとつヴァッジ国の都があった場所。現在は小さな村となっているヴァイシャリーも、当時は交易で栄えた国の都でした。この国はもともとジャイナ教の信者が多かったと言いますが、生前にブッダが何度も訪れ…続きを見る



 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

聖地ラジギールへの旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。