プシュカル湖を一周するスピリチュアルウォーク

インド北西部にあるラジャスタン州。その中でも観光客に人気が高い小さな町プシュカルは、町の中心に聖なるプシュカル湖があります。このプシュカル湖を時計回りに一周することは、地元では功徳を積むスピリチュアルウォークと考えられています。今回はこのスピリチュアルウォークの楽しみ方を皆様にお伝えしたいと思います! オススメの時間帯は早朝、または夕方で、ゆっくり歩いても約20分ほどで回れます。スタート地点を決めてそこで終了するのが良いので、プシュカルのメインマーケット近いバラガート(Varah Ghat)から、湖方面に階段を下りて、そのまま時計回りに進みましょう。

夕暮れのプシュカル湖 夕暮れのプシュカル湖

功徳を積むためにビスケット、食パンを持って回ろう!

湖沿いはコンクリートですべて舗装されており、湖へはガートと呼ばれる階段を下りると水にタッチできるようになっています。湖のまわりを一周する際には、はきものを脱いで裸足でまわるしきたりがあるので、そちらに従ってくださいね。一周する際には、牛や犬などとも遭遇するので、ビスケットなどをあげると楽しいです。また、湖には魚もいるので、食パンなどをあげると湖からその顔を出してくれます! 地元の人々は、湖を歩くだけでなくこのように動物に食物を与えることも功徳を積むと考えているので、私たちもやってみましょう!

特別なフェスティバルの際にはこんな風景も 特別なフェスティバルの際にはこんな風景も

インドドラムと神への賛歌アラティを見るなら夕方に!

スピリチュアルウォークも終盤に入ってきたあたりに、ガンゴウルガートという場所があります。ここでは夕方「ナガラ」と呼ばれるインドドラムを演奏している人がいます。プシュカル湖を見ながらエネルギッシュな演奏を聴いて楽しんでくださいね。また、希望者にはその場でミニレッスンもしてもらえます。また、「アラティ」と呼ばれる神様へ捧げる賛歌は、湖沿いの5箇所のガートで行われています。時間帯は季節により異なりますが、18:00から18:45くらいの間にスタートし、約20分ほど。インドドラムの演奏場所から、バラガートに戻る途中のバドリガートでもアラティは行われていますので、ここで参加するのがオススメです。ここからバラガートまでは徒歩約2分ほどです。さて、これでプシュカル湖のスピリチュアルウォークは終了です! あなたもプシュカル湖でスピリチュアルウォークを体験して、幸せ気分を味わってみませんか。

ガンゴウルガートでの「アラティ」の様子 ガンゴウルガートでの「アラティ」の様子