プシュカル湖が目の前に見える「ホテルUターン」

「ホテルUターン」は、1980年創業の、プシュカルで2番目に古いホテルです。現在のオーナーのモグリさんのお父様が創業され、その際の名前はBhola Guest Houseで2007年にホテルUターンに改名したそうです。場所はプシュカルのメインマーケットの中心地バラガート沿いにあり、プシュカル湖のすぐ脇にそびえたっています。1991年以前から営業しているプシュカル湖沿いのホテルなどの商業施設は現在も営業の継続が許可されていますが、それ以降は許可されていないので、とても貴重な場所です。ホテルは全5室のみでエアコン付きの部屋は2室になります。ほとんどの部屋からプシュカル湖が眼前に広がる景色が臨め、特にベランダ付きのお部屋だと、ベランダに座って景色が眺められるのでオススメです。

何段か階段を下りるとそこはもうプシュカル湖です! 何段か階段を下りるとそこはもうプシュカル湖です!

本格的コーヒーが飲める「コーヒーテンプル」

ホテルの1階には、「コーヒーテンプル」というコーヒーショップがあります。南インド産のコーヒー豆を使い、ドイツ製のコーヒーマシンで作るコーヒーは、特に欧米人に人気があります。エスプレッソ、アメリカーノ、カプチーノ、カフェラテなどを提供しています。また、ホームメードケーキやサンドイッチなどの軽食も提供しており、筆者も何度かケーキを頂きましたが、美味でした。2017年7月からの再オープン時には、ビーンズやパスタ入りのサラダ、スムーシー、ベジタブルフルーツジュースなどをメニューに新登場させる予定だそうです。プシュカルの酷暑期の毎年4月から6月は休業し、毎年7月に再オープンするそうです。

コーヒーテンプル内。自分の本を一冊置いたら、好きな一冊と交換できるブックスエクスチェンジもやっています。 コーヒーテンプル内。自分の本を一冊置いたら、好きな一冊と交換できるブックスエクスチェンジもやっています。

抜群の眺めの屋上のレストラン

プシュカル湖が目の前に広がる屋上のレストランからの眺めは、素晴らしいです。特に良い時間は、夕方のサンセットあたりの時間です。1階でコーヒーをオーダーして屋上で飲むのもオススメです。また、1階には、オーナーのモグリさんのスペイン人の奥様のブティック、「ムスカラナ」があります。これは、ヒンディー語で「Smile, Please」の意味なんだそうですよ。ラジャスタン州特産のバグルー地区、サンガネール地区のブロックプリントを主に使った洋服を販売しています。こちらもプシュカルの夏季期間の営業は休みで、毎年8月から翌年4月くらいまでの営業となるそうです。こんなに魅力溢れるホテルUターン、あなたも是非訪れてみませんか!
https://www.facebook.com/Uturn-Hotel-Coffee-Temple

屋上からの眺め 屋上からの眺め