page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インド・ベナレス・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ガンジス河が光に包まれる、年に一度のディープ・ディパワリー祭


掲載日:2007/10/24 テーマ:祭り・イベント 行き先: インド / ベナレス

タグ: 祭り 美しい


ベナレスならではの光のお祭り

ディヤーと呼ばれる灯明。写真のディヤーは、祈りをこめてガンジス河に流すものです ディヤーと呼ばれる灯明。写真のディヤーは、祈りをこめてガンジス河に流すものです

インドは一年中、何かしら宗教に基づいたお祭りが行われていますが、秋は特に大きなお祭りが行われる季節。その中で特におすすめなのが、ベナレスで年に一度行われる、ディープ・ディパワリ−祭です。ガンジス河沿いで行われるベナレスで一番美しいこのお祭りは、私の大のお気に入り!ヒンドゥー教の暦に基づいて行われるので、毎年日にちは変わりますが、大体10月から11月の間に行われることが多く、今年度は11月24日の予定になっています。

ガンジス河に沿って、灯火がともされる

中心部にあるダシャーシュワメード・ガート。夜になると、このガートに沿って何千もの灯火がともされます 中心部にあるダシャーシュワメード・ガート。夜になると、このガートに沿って何千もの灯火がともされます

ディープ・ディパワリーとは灯火・灯明の列という意味。その名の通り、この日は夕刻から、ガンジス河のほとりが光にそまります。ガンジス河沿いには、ガートという階段状のスペースが河辺に沿って数キロも伸びているのですが、そのガートに何千もの灯火がともされ、光のイルミネーションが作られるのです。そしてこの日はフルムーン。美しい満月の下で、ガートが光で包まれる様子はさながら「光の祭典」!ガンジス河が一年で一番美しく輝く、ロマンティックな光景です。

ボートから、ガートの光を楽しもう!

光の洪水!この灯火のイルミネーションが数キロにわたって続きます 光の洪水!この灯火のイルミネーションが数キロにわたって続きます

ディープ・ディパワリ−祭を楽しむには、ボートに乗るのが一番です。夕方、日が暮れ始める頃に火が灯されるので、その時間にあわせてボートに乗ってください。この日は近隣からたくさんの人が集まり、ものすごい人出になるので、ボート代金も割高になりますが、ここはケチらずにボートからの眺めを楽しみましょう!各ガートがそれぞれ工夫をこらして、灯火を飾っています。ボートの上で感じる秋の夜風、何キロも続くガートの光のライン…。この素敵な満月の夜を、存分に堪能してください!

ガートでは、イベントも盛りだくさん

一年で一番盛大なアールティー(祈りの儀式)が行われます 一年で一番盛大なアールティー(祈りの儀式)が行われます

ディープ・ディパワリー祭は、もちろんガート沿いを歩いて楽しむこともできます。いくつかのガートで、音楽コンサートや、アールティーと呼ばれる祈りの儀式が行われていますので、それらを見ながらガートを歩くのもいいですよ。すごい人出で混雑はしていますが、お祭りの熱気を直に感じることができます!10年ほど前はまだ小規模に行われていたディープ・ディパワリー祭。最近はベナレスならではのお祭りとして年々盛り上がってきています。ぜひ、この美しい光のお祭りにあわせて、ベナレスを訪れてみてはいかがでしょうか。

【関連情報】

■ボート料金
乗り合いボート:一人100ルピー(約300円)から
貸切ボート:一艘1000ルピー(約3000円)から
※時間帯、ボートの大きさ、乗客の数などにより異なります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索