page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インド・ベナレス・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ボートにのってラームナガルへ行こう!ベナレスのお城観光


掲載日:2008/02/28 テーマ:観光地・名所 行き先: インド / ベナレス

タグ: おいしい すごい! 博物館


マハーラージャのお城、ラームナガル

ラームナガル城から対岸を見渡すこともできます ラームナガル城から対岸を見渡すこともできます

ガンジス河の西側の川岸には、ガートと呼ばれる階段状のスペースが連なって並んでいます。その対岸には砂州が広がっていますが、ずっと南に目をやると遠くにかすかに見えるお城があります。それがラームナガル城。ベナレスのかつてのマハーラージャが住んでいた城です。お城とともにマハーラージャの所有物などが展示された博物館も見学できますし、お城の裏側はラームナガルのちょっとした町にもなっています。ここはピクニック気分で出かけてみましょう!

ラームナガルへは絶対にボートがおすすめ!

河岸ののどかな風景。中心部のガート近辺とはまるで違うのんびりとした雰囲気 河岸ののどかな風景。中心部のガート近辺とはまるで違うのんびりとした雰囲気

ラームナガルへはオートリクシャーでも行けますが、私のおすすめはボートチャーター。ダシャーシュワメードガートなど中心部のガートからボートでラームナガルへ向かうと、約1時間強かかります。ガートの風景や対岸の景色を楽しみながら、ピクニック気分でのんびりとボートで向かってみましょう。ラームナガルに近づくと、河岸の風景も少しずつのどかな雰囲気に変わっていきます。漁をしている人々、対岸の砂州に作られた畑で働く人々、ベナレスではないどこか田舎の村に来たような気分にさせられます。

古〜い!お城と博物館を見学しよう!

お城はこぢんまりとしていますが、所々にある美しい細工をお見逃しなく お城はこぢんまりとしていますが、所々にある美しい細工をお見逃しなく

ラームナガルに着いたら、ボートを降りてさっそく観光に向かいましょう。河岸から10分ほど歩くとラームナガル城の入口があります。お城の中には博物館があり、その博物館を順に見ていくと、自然とお城の見学もできるようになっています。博物館に展示されている象牙の飾り物、刀や銃などの武器、テキスタイルなどのコレクションは見ごたえがあり。お城も博物館の展示物も全体的にかなり古めかしいのですが、それがラームナガル城の味になっているかも!?

ラッシ−をぜひ飲んでください!

素焼きの器で飲むラッシ−は甘くて最高!インド人も大好きです 素焼きの器で飲むラッシ−は甘くて最高!インド人も大好きです

ラームナガルは実はラッシーがとても有名。ラッシ−とはヨーグルトに砂糖や水などを入れて作る甘い清涼飲料です。お城を出るといくつかお店があるので、ぜひトライしてみてください(約10ルピー:30円)!ラームナガル見学には大体2時間、ボートでの往復に約2時間かかるので、のどかな半日ピクニックになると思います。あまり時間がない場合は、オートリクシャーで行くことももちろん可能。ベナレス滞在中に、一度はラームナガルを訪れてみてください!

【関連情報】

手漕ぎのボートでのんびり行きましょうか! 手漕ぎのボートでのんびり行きましょうか!

■ラームナガル城と博物館(Ram Nagar Fort & Museum)
住所:Ram Nagae fort, Varanasi
アクセス:ダシャーシュワメードガートからボートで約1時間、オートリクシャーで約30分
開場時間:10時から17時(博物館は12時から14時まで昼休みです)
博物館入場料:12ルピー(約36円)
備考:ボート貸切(往復、見学待ち時間込み)一人約50ルピー(約150円)から。人数によって多少変わります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索