page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インド・ベナレス・おケイコの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

学問と芸術の街ベナレスで、インド古典音楽を習ってみませんか


掲載日:2009/03/05 テーマ:おケイコ 行き先: インド / ベナレス

タグ: おけいこ たのしい 音楽


趣のあるインド古典音楽

こちらはインド古典音楽で使われるタブラー。叩き方でいろいろな音が出せるんですよ! こちらはインド古典音楽で使われるタブラー。叩き方でいろいろな音が出せるんですよ!

インド古典音楽を聴いたことがありますか。西洋音楽よりも古い歴史をもつインドの古典音楽は、ラーガと呼ばれる旋律とターラと呼ばれるリズムから成り立つ美しい音楽。細かい音楽理論に基づいて、季節感や情感をも表わす非常に深く趣のある音楽です。インド古典音楽の有名な楽器といえばシタール(弦楽器)や、リズムを刻むタブラー(一面太鼓)など様々なものがありますが、ベナレスではこれらインド古典音楽の楽器を気楽に習うことができるんです!

さまざまな楽器が習えるカシカ

レッスン料は1レッスン(1時間)150ルピーから250ルピー(約300円〜500円)。初心者に丁寧に教えてくれますよ! レッスン料は1レッスン(1時間)150ルピーから250ルピー(約300円〜500円)。初心者に丁寧に教えてくれますよ!

ベナレスのカシカ・ミュージックでは、さまざまな古典楽器のレッスンを受けることができます。カシカには、上記に挙げたシタールやタブラーはもちろんのこと、バーンスリー(横笛)、サーランギ(弓奏楽器)、インド版ギターのモハンヴィーナー、伴奏によくつかわれる鍵盤楽器ハルモニウムなどなど、ほんとうにたくさんのインド古典楽器が置いてあります。もちろん本格的に始めるとなると、自分でお師匠を探してじっくりと何年もということになりますが、まずは初めの第一歩としてトライしてみてはいかがでしょうか。

楽器の購入・メンテナンスもこちらで

いろいろなものがそろっているカシカ内。レッスンもこちらで いろいろなものがそろっているカシカ内。レッスンもこちらで

もちろんこちらでインド古典楽器を購入することもできます。たとえばタブラーですと3000ルピーから4000ルピーぐらい(約6000円から8000円)、シタールなら3000ルピーから上は25000ルピーまで(約6000円から50000円)。クオリティーによって値段はずいぶん変わってきます。自分で演奏用に、あるいは部屋のインテリア用に買っていく方も多いそうです。持ち運びやメンテナンスなどはお店の人が丁寧に教えてくれますので安心!

コンサートや情報交換にも!

メンテナンスもカシカでOK。楽器のことをいろいろ聞いてみてください! メンテナンスもカシカでOK。楽器のことをいろいろ聞いてみてください!

その他カシカでは不定期ですが、インド古典音楽のコンサートも行っています。店外にコンサート情報が張り出されることもあるので、チェックしてみてくださいね。はまると深〜いインド古典音楽ですが、まずは初めの第一歩として最適なカシカ・ミュージック。習っている旅行者の方も多いので、情報交換や交流ができるのも楽しいですよ。古来から芸術の都として有名なベナレスで、インドの古典音楽に親しんでみてください。

【関連情報】

カシカ・ミュージックはレストランやゲストハウスの並ぶ便利なストリート、ベンガリトラにあるのでとても便利! カシカ・ミュージックはレストランやゲストハウスの並ぶ便利なストリート、ベンガリトラにあるのでとても便利!

■カシカ・ミュージック(Kashika Music)
住所:D.24/4 Tara Bari Temple, Pandey Ghat, Varanasi
電話:+91-9452563615
メール:kashika_music@hotmail.com
時間:10:00〜20:00
休み:無休(5月から7月のオフシーズンは日曜日半休)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/03/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索