page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インド・ベナレス・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ガンジス河のほとりのパレス・オン・ガンジスで優雅なベナレス・ステイを!


掲載日:2009/05/07 テーマ:憧れホテル 行き先: インド / ベナレス

タグ: プチホテル


ガンジス河近くのコロニアル風ホテル

ホテル内にあるラウンジ。ここからガンジス河を眺めることができます! ホテル内にあるラウンジ。ここからガンジス河を眺めることができます!

ベナレスの観光の目玉は何といってもガンジス河。朝日や夕陽にそまるガンジス河そのものがベナレス最大の魅力のひとつなのですが、そのガンジス河を存分に味わうのなら、やっぱり河の近くに泊まりたいですよね。しかし残念ながら星のつくようなちゃんとしたホテルは、ガンジス河から遠く離れた新市街と言われる駅向こうにしかありません…が、うーん、残念、とあきらめることなかれ! 今回ご紹介するパレス・オン・ガンジスは、ガンジス河近くにありながら、かなりハイクオリティでおしゃれなホテルなのです!

なんといってもロケーションの良さが強み!

清潔な客室内。シックなムードがすてき! 清潔な客室内。シックなムードがすてき!

パレス・オン・ガンジスはガンジス河沿いのアッシー・ガートにあり、河からは徒歩30秒という立地の良さ! ホテルのラウンジや屋上にあるレストランからはガンジス河を一望できます。朝日を見るために早起きしなくてはならない時も、これだけガンジス河に近ければラクチン! ちょっと空いた時間に河沿いを散歩したい時だって、いちいち車で行く必要がないのがとっても便利ですよね。快適なホテル滞在を楽しみながら、のんびりぶらっとガンジス河も楽しめてしまうのが、パレス・オン・ガンジスの強みです!

インドの地名がついた客室は雰囲気満点

こちらは「ケーララ」ルーム。ケーララで有名なカタカリ舞踊のお面が飾られています こちらは「ケーララ」ルーム。ケーララで有名なカタカリ舞踊のお面が飾られています

パレス・オン・ガンジスのもうひとつの魅力は、全ての客室にインドの地名がついていること。たとえば「ラージャスターン」「オリッサ」「アッサム」「ゴア」などの名前がついているのですが、客室内の家具やファブリックは、地域ごとに特徴のあるそれぞれの土地のイメージで統一されています。例えば「アッサム」ルームには、アッサム州で有名な籐家具が置かれていますし、「オリッサ」ルームには、オリッサ州名産のイカット(絣織り)のファブリックが使われています。一つとして同じ部屋がないのが、魅力! 客室の様子はホテルのウェブサイトで見ることができますので、ぜひご覧あれ!

設備はもちろんバッチリ!

ホテル内はコロニアル風な雰囲気。のんびりくつろぎたいですね ホテル内はコロニアル風な雰囲気。のんびりくつろぎたいですね

もちろん客室内にはエアコン、テレビ、ミニバーなどが備えられていて、基本的な設備はバッチリ。ホテル内には明るいラウンジ、ガンジス河を一望できるルーフトップ・レストランなどもあり、とっても快適です! なんといってもホテル全体を包むコロニアルな雰囲気がとにかく魅力的。ホテルにもこだわりつつ、ガンジス河を存分に満喫したい方におすすめのパレス・オン・ガンジス。
パレス・オン・ガンジスで、ベナレスの滞在を存分に楽しんでくださいね!

【関連情報】

パレス・オン・ガンジスのあるアッシー・ガートはおしゃれなカフェやショップが多いエリア。食事やショッピングにも便利なのです パレス・オン・ガンジスのあるアッシー・ガートはおしゃれなカフェやショップが多いエリア。食事やショッピングにも便利なのです

■パレス・オン・ガンジス(Palace On Ganges)
住所:B-1/158, Assi Ghat,Varanasi, 221001
電話:+91‐542‐2315050・2314304・2314305
FAX:+91‐542‐2314306・2204898
MAIL:palaceonganges@indiatimes.com
HP:www.palaceonganges.com
料金:3500ルピー(約7000円)+税5%
備考:5月から8月はオフシーズンプライスとして、2300ルピー(約4600円)+税5%

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/05/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索