page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インド・ベナレス・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ベナレスへ来たら絶対に!ガンジス河のアールティー


掲載日:2016/03/19 テーマ:観光地・名所 行き先: インド / ベナレス

タグ: すごい! 一度は見たい 美しい


ガンジス河のガートで行われるアールティー

メインガートで行われる祈りの儀式アールティー。たくさんの巡礼者や観光客が訪れます メインガートで行われる祈りの儀式アールティー。たくさんの巡礼者や観光客が訪れます

ヒンドゥー教の大聖地として有名なベナレス。ベナレスを流れるガンジス河では朝に晩に人々が沐浴したり祈りを捧げたりしている姿を見ることができます。人々が沐浴しているのはガートと呼ばれる階段状になっているところ。ベナレスのガンジス河沿いには何と80以上ものガートがあるそうで、沐浴はもちろんのこと、座ってのんびりしたり散歩したりする人々でいつも賑わっています。夕暮れになるとこのガンジス河のガートでアールティーと呼ばれる祈りの儀式が行われるのですが、これはベナレスに来たら絶対に見たいものの一つです。

メインガートの祈りの儀式は必見

ヒンドゥー教の僧侶達が儀式を執り行います。鐘や歌が鳴り響いて厳かというよりは華やか! ヒンドゥー教の僧侶達が儀式を執り行います。鐘や歌が鳴り響いて厳かというよりは華やか!

80以上ものガートが並んでいるガンジス河。その中でも一番有名なのはメインガートと呼ばれるダシャーシュワメード・ガート。こちらでは毎日夕暮れの日の入りから約1時間ほど、アールティーと呼ばれるヒンドゥー教の祈りの儀式が行われています。何人ものヒンドゥー教の僧がガンジス河に向かって火をかざしたり花を捧げたりしながら儀式を進めていく様は壮観の一言!ガートに建つ寺院が夜の光に照らされて、まるで舞台を見ているように美しいんですよ!

アッシー・ガートのアールティーもおすすめ

アッシー・ガートのアールティー。規模は小さいですが、ゆっくり静かな気分に浸りたい時はこちらがおススメ アッシー・ガートのアールティー。規模は小さいですが、ゆっくり静かな気分に浸りたい時はこちらがおススメ

さて、このアールティーは規模は違えど他のガートでも毎日行われています。メインガート以外で有名なのはアッシー・ガートというところで行われているアールティー。こちらでも毎日日の入りの時刻にアールティーが行われています。メインガートのアールティーよりも規模は小さいのですが、広々としたスペースで静かに眺めることができるので、私はよくこちらの儀式を見に来ています。普段ドタバタと忙しくても、このアールティーが行われている約1時間だけは、心静かに集中することができるような気がして、気に入っているんですよ。

日印両首相も訪れました!

敬虔なヒンドゥー教徒の人々は一度は訪れたいと願うガンジス河。そのほとりで行われるこのアールティーは特別なものなのでしょうね 敬虔なヒンドゥー教徒の人々は一度は訪れたいと願うガンジス河。そのほとりで行われるこのアールティーは特別なものなのでしょうね

実は2015年の12月に、日本の安倍首相がインドの首相と共にベナレスを訪れたのですが、その時に安倍首相も見学したのがメインガートのアールティー。ベナレスと言えば絶対にこれ、ということでインドの首相がアールティーに招待したのでしょうね。毎日、多くの巡礼者や観光客がこのアールティーを見にここを訪れます。1日の終わりに行われるガンジス河への祈りの儀式は、まさにベナレスの象徴とも言えるもの。みなさんもベナレスに来る機会があったら、このアールティーは絶対に見逃さないでくださいね。

間連情報

メインガートのアールティーは、ボートから見るのもおススメです メインガートのアールティーは、ボートから見るのもおススメです

■アールティー(Arti)
時間:日の入りから約1時間(季節によって5時半から6時半の間にスタートします)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/03/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索