page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インド・ベナレス・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

インドの甘〜いスイーツ、ミターイーを召し上がれ!


掲載日:2016/05/25 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: インド / ベナレス

タグ: おいしい すごい! スイーツ


インドの激甘スイーツ「ミターイー」

お祝い事のギフトなどでも贈られるインドのスイーツ、ミターイー。色とりどりで見た目もおいしそうですね お祝い事のギフトなどでも贈られるインドのスイーツ、ミターイー。色とりどりで見た目もおいしそうですね

インド人はとにかく甘いものが大好き。インドの国民的飲み物チャーイ(インド風ミルクティー)も激甘ですし、お菓子もたっぷりと砂糖が入ったものが多いです。そんなインド人が大好きなものと言えば、何と言ってもミターイー。ミターイーとはインドのスイーツの総称。ミターイーにはとにかくたくさんの種類があるのですが、基本的には砂糖とミルクで作られたものが多いです(インド人は牛乳も大好きなんです!)。何かといえばミターイーを食べるインド人ですが、今回はそんなミターイーについて少しご紹介します!

たくさんの種類があるミターイー

こちらがラッドゥー。ラッドゥーにもいろいろ種類があるのですが、家庭でもよく作られている庶民派ミターイーです こちらがラッドゥー。ラッドゥーにもいろいろ種類があるのですが、家庭でもよく作られている庶民派ミターイーです

町にいくつもあるミターイー屋さんに入ると、た〜くさんのミターイーがショーウィンドウに並んでいるのを見ることができます。正直言って、どれが何なのか外国人にはさっぱりわからないのですが、親切なお店だといろいろ教えてくれたり、味見させてくれたりもします。外国人にとっつきやすいのはバルフィというミルクベースで作られた比較的あっさりした味わいのミターイー。それからラッドゥーという小麦粉で作られた丸いミターイーもかなりポピュラーです。

冬においしいにんじんのスイーツ

こちらがガージャルカハルワー。ガージャルとはヒンディー語でにんじんのことです こちらがガージャルカハルワー。ガージャルとはヒンディー語でにんじんのことです

季節物のミターイーもあるんですよ!ガージャルカハルワーは冬の甘い物の代表。にんじんと牛乳と砂糖で作られるミターイーですが、インドの冬はにんじんが甘くておいしいので、冬の季節によく食べられています。これは外のミターイー屋さんでも食べられますし、インドの家庭でも冬にはよく作られています。実は私はにんじんが少し苦手なのですが、このガージャルカハルワーはにんじん嫌いの私でもおかわりしたくなるぐらい美味!甘いにんじんとミルキーな味わいが最高のコンビネーションです。

みんな大好き、ミターイー

ほんとうにたくさんの種類があるミターイー。買うときはそれぞれグラムで買ってもいいですし、予算を伝えていろいろ箱に詰めてもらうこともできます ほんとうにたくさんの種類があるミターイー。買うときはそれぞれグラムで買ってもいいですし、予算を伝えていろいろ箱に詰めてもらうこともできます

ミターイーはお店で一つや二つ買って、おやつとして食べることもできますが、ギフトとしてもよく贈られています。大きなお祭りの時などは、日本のお中元お歳暮のようにミターイーを送りあったりしますし、おうちにお呼ばれした時は手土産として持って行ったりもします。とにかく言えるのは、ミターイーさえあれば、みんなが幸せ顔になるということ。ミターイーは、インド生活に欠かせない甘〜い存在と言えそうですね。皆さんもインドへ来たら、一度ミターイーを味わってみてください!

間連情報

ショーウィンドーに並ぶミターイーをあれこれ選ぶのも楽しいひと時なんですよ〜 ショーウィンドーに並ぶミターイーをあれこれ選ぶのも楽しいひと時なんですよ〜

■シール・サーガル(Ksheer Sagar) :ベナレスでおすすめのミターイー屋。
アクセス:ゴドーリヤー交差点から車で10分
住所:B-15/45, Sonarpura Rd, Sonarpura, Near Sonarpura Chauraha, Bhelupur, Varanasi, Uttar Pradesh-221001
時間:10時〜22時
休み:無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/05/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索